F1 2020 Round.4 イギリスGP

    終盤と言うより、
    ラストでの波乱は、
    すごく盛り上がりましたね。

    予選からメルセデスの強さだけが目立っていたイギリスGP

    予選1、2は、
    メルセデスで、
    次にレッドブルが来ていたのですが、
    TOPと1秒の差。

    さすがにちょっとビックリの差でしたね。

    レッドブルに関しては、
    決勝も、
    ちょっと優勝は無理で、
    3位で順当というかんじでした。

    実際、
    決勝レーススタート後も、
    TOP3は、
    特に変動もなく、
    序盤の2度のセーフティーカーも、
    特に影響せず、
    このままある意味、
    退屈なレースで終わってしまうのかな、
    と。

    結局セカンドグループの争いだけが楽しみ、
    見たいな感じなのか、
    と。

    そしたら、
    残り数周の時に、
    まずはボッタスのタイヤがパンク。

    コレで、
    3位のフェルスタッペンが2位になり、
    3位との差が開いたこともあって、
    タイやトラブルを避ける意味ではもフェルスタッペンは、
    ピットインしてタイヤ交換。

    コレで、
    2位は盤石。

    と思っていたら、
    TOPのハミルトンにもタイやトラブルが発生。

    残り半周。

    なんとか走っているハミルトンでしたが、
    ピットインした関係で、
    結局ペースダウンしたハミルトンに追いつくことなく、
    2位でフィニッシュ。

    ピットインしていなければ、
    優勝できたというのは、
    結果論で、
    あの次点では、
    あの判断はベストだったかな。

    誰もピットインしたことに、
    なんで、
    と言う疑問は持たなかったと思う。

    どちらにしろ、
    3位だと思っていたので、
    今回の2位だって、
    棚ぼたですからね。

    やはり、
    実力で優勝争いが出来ないとつらいね。

    さて、
    次戦も同じサーキッツとでの連続開催。

    果たして、
    どんな結果になることやら。

    すごく楽しみですよ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー