プリンセス トヨトミ 【2011年製作:映画】

    原作は、
    小説のようです。

    アチキは、
    てっきり映画がオリジナルかと思っていました。

    それでいとう、
    プリンセス トヨトミは、
    てっきり綾瀬はるかが演じていると思っていました。

    まぁ、
    それについては、
    映画を見始めてすぐに誤解というか、
    勘違いというのが分かるんですけどね。

    さて、
    物語ですが、
    実は、
    豊臣秀吉の子孫が生きていた、
    と言う話。

    で、
    その智を引き継いでいるのは、
    現代では、
    女性と言うことで、
    プリンセスというわけですな。

    ちなみに、
    本人は、
    その事を知らない。

    過去、
    子孫たちは、
    その事を知らないで生きてきたのかな、
    と推測する感じ。

    で、
    大阪にトヨトミの子孫を守る組織が有り、
    国の公認機関となっていて、
    国家予算が割り当てていると言うこと。

    そこまでして守るメリットがよく分からないのですが、
    大阪人のプライドというか、
    そういう自己満足的な所を満足させるためにあるのかな、
    なんて思ってしまう感じの内容でしたね。

    それはそれで良いのですが、
    この映画では、
    あくまで、
    プリンセスは、
    象徴としてしか扱われていないからな。

    もう少し突っ込んだ話になると、
    また違った物にはなるし。

    まぁ、
    色々とあるけど、
    思っていたよりも楽しめました。

    興味がある方は、
    レンタルして見てくださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画 綾瀬はるか

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー