GALACTICA/ギャラクティカ 【起:season 1】

    宇宙空母ギャラクティカ」のリメイク作品。

    宇宙空母ギャラクティカ」も良かったが、
    このリメイク「GALACTICA/ギャラクティカ」は、
    より洗練されて素晴らしい作品になって戻ってきました。

    なんと言ってもビジュアル面は素晴らしいの一言ですね。

    日本の大作映画よりも良くできてCG、特撮シーン満載で、
    一体いくらかけて作っているんだよ、
    って感じです。

    当然、ビジュアルインパクトだけではなく、
    物語もしっかりと現代風にアレンジされて良くなっています。

    一番の違いは、人型のサイロンの存在。

    これが実に物語に深みを与えてくれます。

    基本的には、サイロンの攻撃により人類の居住惑星が攻撃され、
    生き延びた人類はバトルシップギャラクティカと共に地球を目指して逃亡生活をしていきます。

    はじめの頃は、
    生き残った人類の数をボードに書いて人が死ぬ度に数を減らしていったんですけど、
    途中からそれがなくなってしまいましたね。

    サイロンの追撃から逃げるだけでなく、
    地球への旅と言うことで当てもなく彷徨うわけにも行かず、
    伝説の存在である地球への道筋を探しながらの逃避行。

    シーズン1では、
    地球へのヒントを見つけてサイロン占領下のコボルへカーラ・スレイス中尉(コールサイン「スターバック」)が単身乗り込んでいきます。

    そう、「GALACTICA/ギャラクティカ」の一番の見所は、
    派手な戦闘シーンではありません。

    一癖も二癖もある登場人物たちのドラマです。

    アチキのお気に入りシャロン・バレリー少尉(コールサイン「ブーマー」)は、
    実に重要な立ち位置にいて、
    シーズン1の中でも注目すべき人物です。

    逃亡生活のはじめは、
    サイロンからいかに逃げて地球を探すのかという感じですが、
    そこへ人間とう瓜二つのサイロンの存在を知り、
    疑心暗鬼に陥っていきます。

    いやー、まだ観ていない人もいると思うので、
    あまり詳しくかけないのが残念ですね。

    見始めたら止まらない展開で、
    物語はどんどん悲壮感たっぷりの話になっていきます。

    とはいえ、シーズン1はそれほどでもないかな。

    まだ人類に地球という希望が見えているから。

    昨今では、ナンバー1と言っても過言ではない出来のSFTVドラマです。

    物語も良くできているので、SF小説にしても良いくらいですよ。

    そうすれば、もっと人間界とか、
    サイロンとかの描写が濃くなって面白いモノになると思うな。

    SFというジャンルに抵抗がない人は是非観て欲しいTVドラマですね。

    いつの日にかこんなドラマが日本でも作られる日が来るのでしょうか。

    なんか、アチキが生きている間には来そうもないなぁ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF 宇宙 ロボット スペースオペラ 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー