F1 2020 Round.9 トスカーナGP

    フェラーリがF1に参戦して1000GP目に当たるグランプリです。

    今年、
    直前で開催中止になったオーストラリアGP以来初の少ないですが、
    観客を入れてのレースになりました。

    そして、
    F1を初開催するコースになります。

    ムジェロ・サーキットですが、
    フェラーリのファクトリーから近いこともあって、
    フェラーリのテストなんかもよくやっていた場所になります。

    Moto GPでは、
    レースをしているサーキットなので、
    バイクレースを見る方には、
    なじみのあるサーキットでしょう。

    と言うことで、
    まともにサーキットを見るのは、
    今回がはじめでした。

    フリー走行を見始めて思ったのは、
    コース幅が狭いな、
    と。

    鈴鹿も決して広くはないですが、
    オールドコースらしいコース幅だな、
    と。

    解説の方々も言っていましたが、
    道を譲るのも大変そうだな、
    と。

    そんな感じなので、
    追い抜きが難しそうなので、
    トラックポジション重視の戦略になるのかな、
    と。

    で、
    決勝は、
    実に波乱に満ちた物になりました。

    なんと、
    赤旗中断が2回もありましたからね。

    スタート直後のクラッシュによりセーフティーカーが入り、
    その際スタートの時に、
    後方で多重クラッシュ。

    コレにより赤旗中断。

    そして、
    レース終盤、
    ストロールのクラッシュにより、
    二度目の赤旗が出たと言うことです。

    この混乱でも、
    盤石の強さを見せたのは、
    メルセデスでしたね。

    赤旗の中断がなければ、
    メルセデスもタイヤトラブルになって、
    どうなっていたか分からない状況だったように見えましたね。

    それにしても、
    レッドブル・ホンダは、
    ちょっとやばい感じでしたね。

    2台ともスタートがダメで、
    それが原因で、
    フェルスタッペンは、
    クラッシュに巻き込まれリタイヤ。

    アルボンは、
    なんとか表彰台をゲットできましたが、
    スタートでの出遅れが無ければ、
    もう少しすんなりといけたかもな、
    って感じでした。

    次のグランプリまでには、
    原因究明と解決が出来ていることを信じていますよ。

    ちなみに次のグランプリは、
    ロシアになります。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー