娼婦ベロニカ 【1998年製作:映画】

    「娼婦ベロニカ」という刺激的なタイトルですが、
    至って真面目な内容の映画です。

    16世紀のベネチアが舞台です。

    当時のベネチアは、
    とても繁栄しており、
    貴族の男連中は正妻とは別に娼婦を囲って遊んでいたという時代。

    それも、ただの娼婦ではなく、
    教養も含めて身だしなみから全てにおいて高いレベルの高級娼婦。

    日本で言うところの花魁ですね。

    今なら高級コールガールという言い方になるのかな。

    で、主人公のベロニカは、
    貴族の男と恋仲であったにもかかわらず、
    政略結婚のため他の貴族の娘と結婚。

    絶望の中、母親が元高級娼婦で、
    高級娼婦になれば結婚は出来なくとも彼との仲は取り戻せるかもしれない、
    と言うことで高級娼婦になります。

    思惑通り高級娼婦となり貴族社会に入り込んで、
    様々な王侯貴族の寵愛を受け、
    出世街道まっしぐら。

    お目当ての彼とは、
    距離を置いて彼が嫉妬するの様を観て楽しんだりしています。

    そんな中、
    ベネチアは戦争になり、
    貴族連中も戦場へと赴くことに。

    そして、時代は変わり、
    高級娼婦も含めた娼婦たちが迫害されることに。

    ここから先は、
    映画を観て楽しんで欲しいです。

    移りゆく時代の中でたくましく生きる娼婦ベロニカを演じたキャサリン・マコーマックは、
    実に素晴らしいです。

    この映画は実話を元にしているようですが、
    何処までフィクションで何処までノンフィクションなのかはさっぱりアチキには分かりません。

    ただ一つ言えることは、
    観ていておもしろかったということだけ。

    残念なのはラストの方がちょっと駆け足のように感じてしまって、
    もう少し尺をとってじっくり作り込んで欲しかったなぁ、
    と思います。

    実際、刺激的なタイトルからくるイメージよりも、
    文芸作品の色が濃い作品ですから。

    エンタテインメントとしても十分に堪能できる作品ですし。

    これは男女関係なく楽しんでみられる映画だと思います。

    ただ、多少の年齢制限は必要かなぁ。

    エロいからと言うよれも、
    娼婦という職業が理解できないとちょっと、ねぇ。

    エロさはほとんどないので期待しない方が良いです。

    まぁ、とにかくお薦めの映画ですよ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 伝記 ドラマ ちょいエロ ナオミ・ワッツ ジャクリーン・ビセット

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー