F1 2020 Round.14 トルコGP

    遂に今シーズンのドライバーズタイトルが決定しました。

    ルイス・ハミルトンが7度目のワールドチャンピオンです。

    誰もが言っていることですが、
    まさかミハエル・シューマッハの効くに並ぶドライバーが現れるとは。

    それも、
    こんなに短期間のうちに。

    メルセデスが強いというのもありますが、
    ライバル不在というのもね。

    最大のライバルであるチームメイトが、
    全然敵わないからな。

    ニコ・ロズベルグが、
    いかにすごかったかというのが、
    よく分かりますね。

    さて、
    久々のトルコGPです。

    アチキのイメージだと、
    このグランプリというか、
    開催サーキットは、
    フェリッペ・マッサが、
    非常に得意にしていたという印象が強いんですよね。

    と言うことで、
    今回は、
    久々と言うことで、
    主催者も気合いが入ったのか、
    みっともないのは見せられないと思ったのか、
    急遽、
    2週間ほど前にコースの再舗装をしたらしいです。

    サポートレースもなく、
    普段使われることがないサーキットで、
    再舗装による弊害が如実に出た上に、
    天気が悪くて雨がらみ。

    油は滲むは、
    雨で濡れるは、
    で、
    氷の上を走る方がましだという感想が出るくらいのコンディション。

    さすがに、
    決勝の終盤には、
    という感じでしたけど、
    フリー走行から予選、
    決勝と雨にたたられて、
    と言う状況なので、
    改善具合は微々たる物のようでしたけどね。

    その中でも、
    ハミルトンの走りは、
    クレバーでしたね。

    序盤は、
    滑りやすい路面で駄目なのかな、
    と。

    それこそ、
    近年のハミルトンは、
    わーを決めるレースでは、
    優勝していなかったりするので、
    今回も、
    優勝は無理なのかな、
    なんて思っていたので、
    まさか、
    終盤に向けて、
    ライバルが落ちていくのもありましたが、
    確実にトップに返り咲き。

    素晴らしかったですね。

    アチキは、
    密かにフェルスタッペンの優勝もありうると思っていたので、
    度重なるスピンなとで、
    ちょっとがっかり、
    って感じでした。

    とはいえ、
    波乱のレースではありましたので、
    非常に面白かったですよ。

    次は、
    バーレーンGPです。

    こちらは、
    2週連続開催になるのかな。

    それも、
    同じサーキットで開催されるんですよ。

    但し、
    2回目は、
    コースレイアウトを変更しての開催。

    どうなるのか、
    実に楽しみですね。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー