ファンタシースター・オンライン 私設ラグオル探検隊 第一の冒険「全滅」

    ――第一の冒険 「全滅」

    つよい。

    やっぱり敵が強い。

    mame(仮名)は、とってもつらそうだ。

    洞窟エリアに入ってから、よく死ぬようになった。

    回復のテクニック(ファンタシースター・オンラインでいうところの魔法)を持っていないのかもしれない。

    私は、回復のテクニックを持っているが、
    レベルが低いので仲間を回復することが出来ない。

    そのかわり、KIRIKOからもらったお金がいっぱいあるので、
    回復アイテムはたくさん買って持っていた。

    mameが持つアイテムがなくなってくると、
    私が持っているアイテムをわたす。

    それで、どうにか洞窟エリアの敵と戦うことが出来た。

    洞窟エリアに入ってから、私のテクニックを使うケースが多くなった。

    それも全体攻撃のテクニックを。

    攻撃は最大の防御。

    mameが、敵の波状攻撃によって死ぬ前に敵をやっつける。

    何度も、ロビーに戻ってアイテムを補充しては、
    奥に進んでいく。

    そして、ついに来てしまった。

    ボスがいる下水口へ転送する装置の前に。

    「さて、いきますか」私

    「おっけー」mame

    「死ぬな」私

    「四回は死ぬ」私

    「まじ」mame

    「うん」私

    そう。確実に死ぬ。

    たった二人、それもレベルの低いハンターと、レベルの低いフォマール。

    確実に死ぬ。

    無謀とも思える戦いに私たちは挑んだ。

    転送後三分。

    死んだ。

    いきなり死んだ。

    敗因は、私が先に死んだせいだ。

    困った。

    mameは私を生き返らせるアイテムを持っていないらしい。

    しばし、呆然とmameの戦いを眺める。

    いつ死ぬのだろう。

    死なないわけがないのだ。

    だって、mameは、この敵との戦い方を知らない。

    とりあえず薄情と思われても、mameが死ぬのを待つ。

    死んだ。

    mameも早々に死んだ。

    二人して、ロビーに一端引き上げる。

    装備していたアイテムは、
    ボスがいる場所に残されてしまっているから、
    新しい装備をアイテム預かり所から引き出して、
    再びボスのいる場所へ。

    そう。

    普通なら、また迷路のようなダンジョンを進まなければならないのだが、
    ほぼ確実にこのような状況になることがわかっていた私は、
    ボスの場所へ行くための転送装置の前に転送用のホールをつくっていたのだ。

    それを使い、再びボス戦に挑むべく洞窟へと降りる。

    出発前に、一度使えば消えてしまう転送ホールを作っておく。

    そう。やっぱりまた死ぬのだ。

    うまく戦えば、勝てる自信はあった。

    ただ、長期戦は覚悟の上だ。

    まずは私が死なないようにする。

    そうすれば、何とか勝てる。

    今回、勝てなければ、私は一度KIRIKOに助けを求めようかと思っていた。

    KIRIKOならノーマルのボスなど赤子の手をひねるより簡単に殺してしまえる。

    それか、一端待ち合わせロビーに行き、
    仲間を集めてくることも考えていた。

    しかし、なんとかphianaとmameで決着をつけたかった。

    ここまで苦労してきたのだ。

    何とかしたい。

    ボスと戦い初めてから、
    私たちが使っているロビーに仲間が入ってきた。

    フォニュエールのTORIFU(仮名)だ。

    しかし、今はボス戦。

    途中から戦いに参加できない。

    私は、いまボスと戦っている事をTORIFUに告げる。

    戦いながら話すのも苦労するのだ。

    TORIFUは、私たちの状況を理解して、
    声援を送ってくれた。

    しかし、TORIFUの声援のかいもなく私たちは死んだ。

    あっけなく。

    そして、ロビーに戻りTORIFUと会う。

    「わーい。よろしく」私

    「よろしく」mame

    「よろしく」TORIF

    「これで、ボスを倒せる」私

    「でも私も弱いよ」TORIFU

    「そんなことないよ。この中では一番レベル高いもん」私

    三人なら何とかなる。

    mameとTORIFUがオフェンス。私がディフェンス。

    いい感じです。

    何となく、チームになってきました。

    でも、phianaはチーム「黒の四姉妹」を作るのが夢。

    黒い衣装を身に纏ったフォマール四人のチーム。

    うーん、素敵です。

    ちなみに、KIRIKOは「白の四姉妹」です。
    白いハニュ四人のチーム。

    そういう楽しみもファンタシースター・オンラインならではですね。

    ――つづく










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー