ディープ・スペース 【2018年製作:映画】

    SF映画です。

    内容は、
    タイトル通り、
    宇宙に進出した人類の話。

    解説にもそう書いてありました。

    で、
    冒頭、
    一人乗りなのかな、
    宇宙船というより宇宙カプセルのような物が、
    惑星に落ちていき、
    搭乗員は、
    緊急脱出して怪我は負う物の無事地表にたどり着きます。

    砂漠の惑星で、
    一人きり。

    うん?

    宇宙での話ではなく、
    宇宙の未知の惑星での話なのか。

    B級映画にありがちな解説と中身の違いなのか、
    なんて思っていたのですが、
    そこから、
    チャントと言って良いのか、
    宇宙空間のステーションや土星に似た惑星の衛星に作られた基地とかが舞台になります。

    最近の映画なのですが、
    基地内で黒板にチョークを使用して作業しているのを見ると、
    ホワイトボードや明くるボードにペンで書くよりも良いのか、
    なんて、
    真剣に考えてしまいました。

    さて、
    物語は、
    謎のデブリにより、
    地球との物資のやりとりをしているステーションが破壊され、
    このままでは、
    食糧も尽きるし、
    任務の継続も難しいという状況になり、
    どうしようと言うことで、
    なんとかするための部品を取りに調査対象の惑星の軌道上にある衛星まで取り行く任務があります。

    そして、
    なんだかんだと、
    冒頭のシーンになるわけですな。

    しかし、
    デブリの正体というか、
    想像できるような情報が入った段階で、
    なんとなくというか、
    ほぼこうだろうなと言うことを思いつきます。

    そして、
    案の定のラスト。

    思わせぶりではありますが、
    こういう設定であるのなら、
    それまでの作りというか展開は、
    もう少し考えた方がより効果的だったような気がするな。

    そういう意味では、
    ちょっと残念な脚本ですよ。

    と言うことで、
    B級映画ファンなら楽しめますが、
    一般の方は、
    どうかな。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 宇宙 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー