四季 冬 The Four Seasons Black Winter 【小説】

    「四季」シリーズ最終巻です。

    天才ともしばしのお別れです。

    「四季 冬 The Four Seasons Black Winter」を読んで、
    と言うより「四季」シリーズを読んでいて感じていたことですが、
    天才を描くのは大変だなぁ、と。

    真賀田四季というのは、
    人類のうちで最も神に近いと言われる人物。

    アインシュタインもただの秀才にされてしまうほどの人物と認識しています。

    その本物の天才真賀田四季という人物の性格とかはそんな感じなんだろうなぁ、
    とは思っていましたが、
    天才が天才である証拠というかリアリティをどのように出していくのか、
    それがとても難しいと思っていたし、
    どのように表現されていくのか興味もありました。

    天才の証明として一番わかりやすいのは、
    普通では無理だと思われるような形あるモノを作り出すことが出来るという表現。

    天才だからロボットも簡単に作れてしまう。

    より進んだプログラムソフトを開発してしまう。

    ワープ理論なんかも考えてしまったり、
    ミノフスキー理論も考えついたり、
    タイムトラベルやどこでもドアを作り出してしまったり、
    バナナで釘を打つことが出来たり(これは関係ないな)、
    超巨大な豆腐の角を地球にぶつけて破壊したり、、、、。

    なんて感じで「天才」を表現することが多いのですが、
    真賀田四季はそんなチープな感じで天才をひけらかすことなく今まで来ました。

    まぁ、今回は人間そっくりのロボットが登場したりしますが、
    それは発明をひけらかすと言うより必要に迫られて作った感じで登場。

    最後まで超越的な天才のまま物語は一応終了しました。

    当然と言えば当然ですが、
    真賀田四季とは森博嗣氏が考えるというか、
    思っている「天才」像なのでしょうね。

    第三者から見た「天才」ではなく、
    天才を描くことの大変さ。

    結局、人格的な部分や思考形態で「天才」を表現し、
    ある意味成功とも失敗とも言える作品になってしまいました。

    まぁ、補完的な作品であるとすればこういうのも有りなんでしょうが、
    独立した一つの作品となるとどうなんでしょうね。

    アチキは、補完的な感じで読んでいたので、
    これはこれでOKでしたけど。

    アチキ的には「四季 冬 The Four Seasons Black Winter」は、
    無くても良かったかなぁ、と。

    いつかどこかで森博嗣氏の作品にちろっとでも登場してくれれば、
    アチキはその程度でも良かったかなぁ。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 読書感想
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 森博嗣 ドラマ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー