その後のシーマンの観察日記。その三 【ドリームキャスト版】

    第九日目と第十日目

    前回、わたしと「二号」が石を動かす事を書きましたが、
    あれは水槽の水を抜くための仕事だったのです。

    本日、最後の一押しをして石の下に隠れていた穴があき、
    水が水槽からなくなっていきました。

    しかし、すべての水がなくなったわけではなく、
    水槽の角にある窪地というかへこみというか、
    そこには水か残り「二号」は、その場所に緊急避難です。

    よって、水温を調節するヒーターは室温を調節するヒーターにかわり、
    酸素を供給していた空気穴は用済みとなってしまいました。

    そして、それはいよいよ十日目におこったのです。

    「二号」は、その水たまりから這い出ると陸地になっている部分でふんばりはじめました。

    う~~~ん、うぅぅぅぅん、、、、、。

    便秘ではありません。

    ちなみに下痢でもありません。

    種の保存です。

    頭の管から六個の卵を産み落としました。

    「やっと仕事が終わった。ばいばい」

    「二号」最後の言葉です。

    卵を産み落とした場所に朽ち果てる「二号」。

    今度の死は、わたしのせいではありません。

    自然の摂理です。

    まるでウミガメの産卵を観ているようでした。

    涙が流れていないのが残念です。

    やはり産みの苦しみを味合わなければ。

    そんなこんなで、産み落とされた卵は元気です。

    なぜ元気かというと何か卵の中が動いているからです。

    さて、この卵からは何が生まれてくるのでしょう。

    やっぱりシーマン?

    たのしみです。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ゲームプレイ日記
    ジャンル : ゲーム

    tag : 育成 SLG

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー