地を這う魚 ひでおの青春日記 【マンガ】

    「失踪日記」を読んで以来、久々の吾妻 ひでおのマンガです。
    「逃亡日記」「うつうつひでお日記」は、まだ読んでいないんですよ。

    なのに先に「地を這う魚 ひでおの青春日記」を読んだのは、
    本の帯に「吾妻版まんが道」と書かれていたから。

    田舎から漫画家になるために上京してきた頃の物語ということで読んだんだよねぇ。

    いやー、おもしろかったよ。

    ノンフィクションとフィクションが吾妻ひでおフィルターによって画かれていて、
    漫画的なおもしろさもキチンと出ていました。

    これを読むと、吾妻ひでおが失踪してしまうような人だというのがよく分かる。

    と、いうかこの人はやはり特別な人なんだなぁ、と。

    不思議マンガを画かせたら天下一品なのは、
    本人が不思議人間で、
    その頭の妄想がそのまま作品になっているのか、ということがよく分かった。

    吾妻ひでお以外の登場する人間は(一部の女性を除いて)みんな動物キャラクターとして画かれていて、
    それれがまた作品にやたらマッチしているんだよね。

    当時の漫画家たちが貧乏だというのは、まさに貧乏自慢が始まるくらいのモノなので、
    新鮮味はないが、貧乏が普通だという生活感は実に良く画かれていました。

    だからへそくりなんかがある奴は許せないという行動パターンは、
    貧乏をしたことがない人には分からないでしょう。
    アチキも金はないけど、ここまで貧乏になったことがないからよく分からないです。

    それでも食うためにアシスタントをして、
    チャンスをもらっては漫画を描き、
    それでも食っていけないというどん底で、
    みんな生きていくための道を探し始めるのは、
    いつの時代も変わらないなぁ、と。

    成功する人、失敗する人。

    その中で吾妻ひでおは、やはり成功した人だということ。

    なんか読みながら色々なことを考えさせられた漫画です。

    なんも考えないで読むともつとおもしろく感じたかもなぁ。




    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 吾妻ひでお 日常 SF ファンタジー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー