アダルト・ウルフガイシリーズ4 人狼戦線 【小説】

    久々のウルフガイです。

    我らがヒーロー、犬神明ことウルフガイの大活躍を堪能できる小説です。

    大活躍?

    じつは、今回の「人狼戦線」は、いままでのウルフくんとは、ちょっと違います。

    あの満月時のパワフルなウルフくんに会うことがないからです。

    小説のネタバレになってしまうので、あまり詳しくは書きたくないのですが、
    ウルフくん今度は超小型原爆を相手に(?)戦い(?)ます。

    おかげで、ウルフくんぼろぼろです。

    今にも死にそうな状態のよわっちぃウルフくんが、
    一生懸命戦う姿は、なかなかいい感じです。

    でも私的には、やっぱりパワフルで陽気なウルフくんが大好きです。

    でも、この「人狼戦線」は、アダルト・ウルフガイシリーズの中でも一、二を争うくらい好きな作品です。

    その理由は、至って簡単。

    ウルフくんにも、嫌いな人間はいます。

    個人の括り以外にも職業的括りでも嫌いな職業の人間がいます。

    その職業の筆頭株主である、タクシー運転手に、
    ウルフくん親切に助けてもらっちゃうのです。

    ある意味、元気なウルフくんだったらプライドが許さないのではないかと思うくらい、
    親切にされちゃいます。

    もー、ウルフくん感謝?感激?あめあられ?

    まぁ、タクシー運転手のおかげで命とまではいきませんが、
    助けられたウルフくんは、やっぱり狼人間として一皮むけたのでしょう。

    この物語の後、アダルト・ウルフガイシリーズは、
    まさにこちらの想像を絶する意外な展開へと突き進んでいくのです。

    人と深く関わることを拒んできたウルフくんが、
    どっぷり人類のために戦わなければならなくなっていくのです。

    人狼白書。

    天使との邂逅。

    いやー、困ったね。

    まさか、こんな展開になるとは。

    おっと。今回は「人狼戦線」の話だったね。

    物語のネタか分かってしまうと、
    ちょっと感動が薄れてしまうような気がするので、
    今回はほとんどないようについては書きませんでしたが、
    ウルフガイを読んだことのない人は、
    この本から読んでもらってもいいかも。

    でもな、やっぱり陽気でパワフルな犬神明を先に知ってもらった方がいいかな。

    なので、せめてこの本を読む前に「狼男だよ」は、
    読んどいてもらいたいねぇ。

    では、忙しいので又今度。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 平井和正 狼男 犬神明 バイオレンス ちょいエロ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー