ボーン・スプレマシー 【2004年製作:映画】

    ボーン、ボーン、ボーン。

    骨(BONE)から生まれた(BORN)ボーン。

    すんません、
    おやじギャグで。

    と言うことで「ボーン・スプレマシー」です。

    ボーン・アイデンティティー」の続編です。
    やっぱり前作を観ていた方が楽しい映画ですね。

    ボーン・スプレマシー」から観ても、
    まぁ、
    たいして困らないかな。
    アクション映画ですからね。

    前作から観ていないとまったく意味が分からないと言うことはないです。

    強いてあげれば、
    記憶喪失の部分とかかな。

    考えるよりからだが動く。

    まるでスーパーマンのようなボーン。

    しかし、
    今度のボーンは、
    スーパーマンから人間ボーンに生まれ変わりました。

    って感じです。

    恋人が殺されて、
    復讐?に向かうボーン。

    人間味を出そうとドラマも演出も一生懸命なのですが、
    その部分はあまりうまくいっていなかったような・・・。

    もっと割り切ってアクション一辺倒の方が良かったのに。

    特にカーチェイスのシーンは良い感じでした。

    二台の車がぶつかってクルクル回りながら打ち合うシーンはイケてましたね。

    アチキ的には、
    前作の方が好きだなぁ。

    こちらも悪くなかったけど。

    結構、
    良くできていたので、
    三作目は出来るのでしょうか?










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 アクション 動画 マット・デイモン

    trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『ボーン・スプレマシー』(2004) - The Bourne Supremacy -

    愛の終わりは、戦いの始まり。 ■ボーン・スプレマシー - The Bourne Supremacy -■ 2004年/アメリカ/108分  監督   :ポール・グリーングラス  脚本   :トニー・ギルロイ、ブ...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: このカーチェイスは

    コメントありがとうございます。

    カーチェイスってやっぱり映画の醍醐味の一つだと思うんですよね。

    最近は、CGで作っているケースもありますが、
    それはそれでよいのですが、
    出来れば実車で見せて欲しいと思うのは、
    車が好きだかなのかなぁ。

    このカーチェイスは

    すごい迫力でした。
    実際にマット・デイモンはあの車に乗っていたそうですよ。
    特殊仕様の車で運転は別の人ですが。

    今回は私の方からTB打たせて頂きました!
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー