ビヨンド ザ ビヨンド ~遥かなるカナーンへ~ 【プレイステーション版】

    プレイステーションにもセガサターンにもまだ良質なRPG(ロールプレイングゲーム)がなくて、
    それこそスーパーファミコンの有名RPGもどこのハードで発売されるのか分からなかった頃、
    各ハードでオリジナルのオーソドックスなRPGを作って発売することになり大々的に宣伝展開された作品です。

    「ビヨンド ザ ビヨンド ~遥かなるカナーンへ~」
    通称「ビヨビヨ」です。

    いやー、相変わらずCMはさすがSONYって感じでしたね。

    すでに「アークザラッド」によってCMだけ凄くて中身はたいしたことないという前例があっただけに、
    消費者は結構慎重だったんじゃないかなぁ。

    ちなみに「アークザラッド」はアチキ好きですよ。

    味気なくてあっけなく終わって、それでいて物語が完結していないけど楽しめました。

    「アークザラッド」のことはおいといて、
    「ビヨビヨ」の話。

    「ビヨビヨ」もCMで使っていた名称です。

    タイトルを記号として憶えてもらうという方法で、
    これは大成功でしたね。

    買う気のない奴まで「ビヨビヨ」って言ってましたから。

    ゲームは本当に王道のRPGで、
    なんの捻りもありません。

    魔族の力を借りて世界征服を目論むボスをやっつける話。

    プレイ時間も短いし、誰でも簡単に楽しめると言うことではオススメできる作品です。

    「ビヨビヨ」で一番のお気に入りは、
    ボタン連打でクリティカル攻撃や防御が出来たりするシステムですね。

    「ドラゴンクエスト」とかプレイしているとき、
    戦闘中にボタンを連打していると会心の一撃が出やすい気がすると思って、
    ついつい無意味だと知りつつもボタン連打していたのを、
    そのままゲームシステムにしたところが実に良かったです。

    コマンド入力方式の戦闘はどうしても作業的に飽きやすいので、
    各ゲームソフトメーカーは色々と工夫していましたね。

    たまにやり過ぎって言うのもありましたけど。

    ボタン連打もいつもやっているとやっぱり単調にはなってしまうけど、
    ボケーっとしているよりは楽しかったですよ。

    まだプレイしたことのない人には是非お勧めしたいですね。

    新作で買ったときの値段だとあまりにも簡単に終わってしまったので高いと感じましたが、
    今なら中古でとってもリーズナブルな値段で買えると思いますので、
    それなら十分に元が取れると思います。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー