チャイナ・ムーン 魔性の女 白い肌に秘められた殺意 【1994年製作:映画】

    サブタイトルもいれると実に長いタイトルです。

    サスペンス映画なんですが、
    心理的な恐怖はあまり感じないなぁ。

    意外と展開もストレートなんだよね。

    一応、どんでん返しも用意されています。

    まぁ、ありがちなまさかこいつが、
    という感じの展開になるんですが、
    どうもアチキはそういう所を先読みしてしまって新鮮な驚きを感じなくなってしまっています。

    何も考えずに観ていればそんなこともないのかもしれませんが、
    どうしてもこの展開とこの配役ならこいつが怪しいと制作する側の意図を読み取ろうとしてしまうのよね。

    そんな物事を斜めに見ることなく、
    素直に映画を観れば結構楽しめると思います。

    物語は堅物で真面目な刑事カイル(エド・ハリス)が人妻のレイチェル(マデリーン・ストー)に恋してしまい、
    危うい関係になるとレイチェルは旦那を殺害。

    その事をカイルに告白して、、、、。

    もうこの段階で色んなモノが疑わしくて、
    演出もそんな感じになるわけですが、
    刑事のカイルがとる行動がどうも納得できないんですよねぇ。

    確かに真面目だった男が女におぼれて見境がなくなるって言うのは分かるけど、
    この映画のカイルだったらきっとレイチェルに自首を勧めるような人物だと思うんだよねぇ。

    それがいきなり事件をもみ消そうとするなんて。

    まぁ、尺の問題もあって人妻におぼれるまできちんと描けなかったと言うことですか。

    そんな細かいところを気にしなければ、
    結構楽しめる作品だと思います。

    レイチェル役のマデリーン・ストーもいい女で、
    こいつならおぼれてしまうなって感じだし。

    これが趣味でもない女性になると、
    感情移入が出来なくなりますからね。

    官能サスペンスという触れ込みの「官能」を強く意識して観てしまうと肩すかしを食らうので、
    普通のサスペンス映画だと思ってお楽しみください。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 刑事 サスペンス ちょいエロ 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー