Ergo Proxy(エルゴプラクシー) 【アニメ】

    「Ergo Proxy(エルゴプラクシー)」は実に暗いアニメでした。

    物語も暗いけど、
    ビジュアルも暗いです。

    未来の地球が舞台で、
    原因は定かではないですが、
    死の星と化した地球で細々と暮らしている人々の物語。

    ドーム型の都市で人間とロボット(オートレイヴ)が生活しているところで、
    謎の殺人事件が起こり、
    その捜査をはじめた市民情報局の女性、リル・メイヤーが主人公。

    捜査をはじめてすぐにリル・メイヤーは見たこともない怪物に襲われる。

    それが事件の鍵を握っていると思い捜査をはじめるが、
    トップからその事件に関わるなとのお達し。

    というより事件そのものが闇に葬られてしまい、
    真相究明のためこっそりと捜査をはじめる。

    と、
    まぁ、
    導入は実におもしろく、
    グレーな雰囲気の色彩も良い感じで世界観にマッチしていてとてもよかった。

    怪物と関係があると思われるビンセント・ロウを追い詰めるが、
    コギトウィルスに感染したオートレイヴ、ピノとともにドームの外へ逃げてしまう。

    死んだと思っていたビンセント・ロウが生きていると知ったリル・メイヤーは、
    ビンセント・ロウを捜しにドームの外へ。

    そこで外の世界で生活している人を知り色んな事を疑問にお持ちはじめる。

    で、
    なんだかんだとあってロードムービー的にリル・メイヤー、ビンセント・ロウ、ピノの三人は、
    ビンセント・ロウの生まれ故郷だと思われるモスコドームへの旅に出るわけです。

    前半は良い感じで展開していくのですが、
    後半の構成がねぇ。

    ちょっともったいない。

    無意味に思えてしまうエピソードがありすぎて、
    ラストへ向けての肝心な部分が端折って描かれていたり、
    なんだかわざと難しく物語を展開させようとしている気がしてならないです。

    ストレートに見せた方が観ている人もわかりやすいし、
    おもしろいと思ったんだけど、
    制作側はそれを嫌ったらしいです。

    実にもったいない。

    とてもクオリティの高い作品なだけにみんなに見て欲しい気もするけど、
    最後の物語の運び方でそんをしています。

    それでも出来はよいので興味があったら是非観てください。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 斉藤梨絵 矢島晶子 桑島法子 田中敦子 湯屋敦子 小島幸子 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー