ファイト・クラブ 【映画】

    みろ、ミロ、観ろ、といろんな人に言われたから、
    仕方なく見ました。

    なんてね。

    まぁ、いつか見るつもりではいたのですが、
    時期が早まったのは、
    みろっ、みろっ、
    と言った人たちのせいです。

    で、「ファイト・クラブ」。

    いやー、おもしろかったぁ。

    前情報で、あんなんでいいのかぁ、
    なんて声は聞いていたので、
    どんなんだろ?
    と構えてみてしまったせいか、
    大変面白く観させていただきました。

    ファイトクラブ。

    それは、いわゆるストリートファイトのクラブ。

    で、たぶん、
    このままストリートファイトの話で始終一貫していれば、
    だれも文句もわだかまりも残らなかったんだろうなぁ。

    でも、それじゃ普通の映画になってしまう。

    この映画のネタをあかして良いモノかどうか迷っているけど、
    ちょっとばらしちゃうかな。

    現代のブランド志向のサラリーマンが主人公です。

    不眠症で、その解決に人の不幸を一緒になって泣くことで解消することを学んだ主人公。

    その聖域も、ある女性の出現によって壊されてしまいます。

    ここから主人公の心のバランスが崩れていくのです。

    不眠症の時は、不眠症という行為によってバランスが保たれていたものが、
    正常に戻ったために再び同じ事になるのをこころが拒否していくのです。

    ここからが、「ファイト・クラブ」です。

    女が登場したあと、ブラッド・ピットがちらっちらっと登場してくるのです。

    そう。現実と空想のフィルムチェンジがおこなわれていくのです。

    フィルムは、わざと確信的に空想と現実の区別なく進行していきます。

    は、はぁ~ん(あえぎ声ではありません)と思ったのは、
    物語も半ばをすぎた辺り。

    ブラッド・ピットが、俺のことを女に言うなといったところから。

    ブラッド・ピットが出ているときは、
    主人公はブラッド・ピットなんです。

    俺ってかっこいい、
    と思っている主人公がいるのです

    すべて主人公の視点で見ているから、
    おかしな事になる。

    視点は、常に一定ではないのです。

    いやー、ほんと荒削りだけど面白いです。

    特に、ラストのビル爆破のシーンは、良かったです。

    あのまま正義の味方として終わってしまったら、
    つまらない映画になっていたと思うんですよね。

    ビルの爆破が起きて、
    世の中を混乱に導いていくというブラッド・ピットの意志が引き継がれてこそ、
    「ファイト・クラブ」なのです。

    間違っても、ストリートファイトの映画だと思ってみないように。

    この映画は、フィリップ・K・ディックの本を読む感覚で見ないと駄目だね。

    ディックが好き、または受け入れられる人なら、
    特に後期の作品にお気に入りがある人なら間違いなく楽しめるでしょう。

    三人称複数の視点で描かれた稀な映画。

    実際は、一人称複数なんだけど、
    ここに見る者の視点が加わるからおかしくなったと思ってしまうのです。

    いやー、大変面白い映画でした。

    まぁ、観た人に感想を聞きたくなる映画だと言うことは、
    強く感じましたね。









    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 動画 エドワード・ノートン ブラッド・ピット デヴィッド・フィンチャー

    trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『ファイト・クラブ』(1999) - Fight Club -

    財産が何の評価になる? 車も関係ない 人は財布の中身でも ファッションでもない お前らはこの世のクズだ ■ファイト・クラブ - Fight Club -■ 1999年/アメリカ/139分  監督 ...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: TBありがとうございました!

    コメントありがとうございます。

    景気が良くなれば、みんなハッピーになれるのは分かっているのに、
    何故に景気は良くならないのか。

    いや~な事とかも多いし、
    ブログの記事なんかもそう言う気持ちが反映されがちになったりすることもあるでしょう。

    アチキは出来るだけ家に帰ったら気持ちを切り替えるために、
    映画観たり、アニメ観たり、漫画読んだり、ゲームしたりして楽しむようにしていますよ。

    あ~、BIG当たらないかなぁ。。

    TBありがとうございました!

    ネクサス6さんも「ファイトクラブ」がお好きだったんですね!
    どの登場人物、どの台詞、どの表情、どの動き、どのシーンも完璧で私も大好きな作品です。
    しかし!不況の波に揉みに揉まれたしがない自営の私は最近我慢することばかりで、
    あんな暗い記事になってしまいました。
    早く景気がよくならないかなー。
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー