F1 2010 Round.8 カナダGP

    復活した北米ラウンド。

    カナダGPと言えば、
    必ずと言っていいほどセーフティーカーが入るほどアクシデントが多いサーキットで有名です。

    エスケープゾーンが少ないのが一番の理由です。

    一度ウォールに衝突するとコース上にマシンが止まってしまうことが多々あるからです。

    さて、久々のカナダGPはどんな感じだったかというと、
    一言で言えば平凡なレースウィークになりました。

    なんと、セーフティーカーが一回も入らない。

    おかげで順当にレースが進んでしまいました。

    ポール・トゥ・ウィンを飾ったのは、
    デビューイヤーから勝ち続けているマクラーレンのルイス・ハミルトン。

    これは、これで凄いことですよ。

    レース中、常にトップにいたわけではなく、
    キチンとオーバーテイクを見せての優勝ですからね。

    マシンとコースの相性がいいとは言え、
    やはりルイス・ハミルトンはただ者ではないです。

    アチキ個人としては、あまり好きではないけど。

    さて、何度も書いていますが、
    今年はワールドチャンピオンになって欲しいと個人的に応援しているセバスチャン・ベッテルですが、
    ここ最近のグランプリで見せている何となく勝ちきれないって感じの走りでした。

    トラブルもあったようですが、
    フリー走行、予選と見ている感じでもなんか速さを感じないんだよねぇ。

    歯車がかみ合っていないって言う感じです。

    小林可夢偉も早々にレースを終わってしまったし、
    見所はそんなになかったなぁ。

    その中でもロートルのミハエル・シューマッハが相変わらずのえげつない走りを見せてくれて、
    レースを盛り上げていましたねぇ。

    ロバート・クビサとのバトルは実に見応えがありました。

    超一流のドライバー同士のバトルは見ているこちらまでドキドキするくらい素晴らしいです。

    それとは逆に精彩がないように見えてしまうのがフェルナンド・アロンソ。

    マシンの競争力がないのも一因ですが、
    セバスチャン・ベッテルと同じでなんかかみ合っていない感じです。

    こんなにも素晴らしいドライバーたちがそろっているシーズンは中々お目にかかれないので、
    もっと楽しみたいのですが、
    どうもうまくまとまらないですねぇ。

    レッドブルの独走にはなっていない状況ですからシーズンはまだまだ楽しめそうですけどね。


    FORMULA 1 GRAND PRIX DU CANADA 2010

    PosNoDriverTeamLapsTime/RetiredGridPts
    12Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes701:33:53.456125
    21Jenson ButtonMcLaren-Mercedes70+2.2 secs418
    38Fernando AlonsoFerrari70+9.2 secs315
    45Sebastian VettelRBR-Renault70+37.8 secs212
    56Mark WebberRBR-Renault70+39.2 secs710
    64Nico RosbergMercedes GP70+56.0 secs108
    711Robert KubicaRenault70+57.3 secs86
    816Sebastien BuemiSTR-Ferrari69+1 Lap154
    915Vitantonio LiuzziForce India-Mercedes69+1 Lap52
    1014Adrian SutilForce India-Mercedes69+1 Lap91
    113Michael SchumacherMercedes GP69+1 Lap13
    1217Jaime AlguersuariSTR-Ferrari69+1 Lap16
    1310Nico HulkenbergWilliams-Cosworth69+1 Lap12
    149Rubens BarrichelloWilliams-Cosworth69+1 Lap11
    157Felipe MassaFerrari69+1 Lap6
    1619Heikki KovalainenLotus-Cosworth68+2 Laps19
    1712Vitaly PetrovRenault68+2 Laps14
    1820Karun ChandhokHRT-Cosworth66+4 Laps24
    1925Lucas di GrassiVirgin-Cosworth65+5 Laps23
    Ret24Timo GlockVirgin-Cosworth50Steering21
    Ret18Jarno TrulliLotus-Cosworth42Brakes20
    Ret22Pedro de la RosaBMW Sauber-Ferrari30Engine17
    Ret21Bruno SennaHRT-Cosworth13Gearbox22
    Ret23Kamui KobayashiBMW Sauber-Ferrari1Collision18









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー