オルシニア国物語 【小説】

    アーシュラ・K・ル=グウィンという作家をご存じでし
    ょうか。

    SF作家です。

    でも、その枠にははまりきらない作家であると思っています。

    SFというジャンルを読んだことのない人や、
    あまり好きではない人にとって、ル・グインの作品は、
    もしかしたらちょうどいいのかもしれません。

    さて、お題の「オルシニア国物語」ですが、
    これは、アーシュラ・K・ル=グウィンの代表作品というわけではありません。

    やっぱ、アーシュラ・K・ル=グウィンといえば「闇の左手」「所有せざる人々」「風の十二方位」そして「ゲド戦記」でしょう。

    アーシュラ・K・ル=グウィンは女性作家です。

    だから、文体(といっても私は翻訳した日本語でしか読んだことがないので、文体と言うよりは言い回しと受け取ってもらえればいいかな)とかの雰囲気は、
    とっても繊細です。

    そして、この「オルシニア国物語」は、
    その雰囲気がバッチし感じられ根作品です。

    SFではありません。どちらかというとファンタジーです。

    でも、純粋なファンタジーでもありません。

    私の感覚で言うと、大人のグリム童話みたいな感じです。

    架空のオルシニア国を舞台にした物語。

    それも、短編。

    三百四十ページの中に十一編の短編が収められている短編集です。

    とっても面白いです。

    オルシニア国に住む人たちのちょっとした出来事が語られています。

    読み始めて戸惑ったのは、
    世界観の説明がまったくと言っていいほどないということ。

    いきなり、オルシニア国に放り込まれて、
    彼ら彼女らに起こった事柄を垣間見ている感じなのです。

    素直に、この世界に入るのに少しばかり時間がかかってしまいました。

    でも、一度はいると、もうそこから離れることは出来ません。

    そして、この物語には純然たるハッピーエンドの物語はありません。

    どこか物悲しかったりします。

    それも主観的な立場で物語が語られていないので、
    とってもやるせない気持ちになってしまいます。

    主人公たちと同じ立場になることはない物語。

    これは、もうアーシュラ・K・ル=グウィンの作風そのものです。

    最初の方で大人のグリム童話と書きましたが、
    それを思いっきりイメージしてしまうと全然違うと言うことになってしまうので気をつけるように。

    別にアンデルセンでもいいんだけどね。

    物語になにか教訓めいたモノを感じる雰囲気が、
    似ていると言うだけです。

    童話じゃないし、ファンタジーでもない。

    特定のジャンルで括るのが難しいです。

    十一編の中には、一つは気に入る作品があると思います。

    私は、三編ほどありました。

    「イーレの森」「音楽によせて」「モーゲの姫君」次点で「塚」かな。

    いろいろな時代のオルシニア国に住む人たちの生活をちょっと覗いてみませんか。

    きっと、お気に入りの物語に出会えると思います。

    何度も書きますが、あまりハッピーな気分にはなれないのでご注意を。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ファンタジー小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : ファンタジー アーシュラ・K・ル=グウィン

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー