夏・風・ライダー 【小説】

    SF作家、高千穂遙氏が書いた熱血バイク青春小説。

    高千穂氏が、大人になってからバイクの免許を取り、
    バイクに見せられて、遂にバイクの小説を書いてしまった作品がこれ。

    これ以前にもバイクを登場させた小説(「狼たちの曠野」)があるには、
    あったが、あれは馬の代わりにバイクという感じで、
    バイクが好きな人が読むと、
    どんな風に感じるのかちょっとわからない小説ですが、
    このお題の「夏・風・ライダー」は、
    たぷんバイク好きの人が読んでも大体感想が予想できるレベルの話です。

    これは、わたし結構感動しました。

    物語は鈴鹿四時間耐久レースの話なんです。

    と、いってもずっとレースの話ばかりではありません。

    ちゃんと青春してます。

    無名だけど、はやいライダーと、情熱だけはピカ一のメカニック。

    高千穂氏が実体験としてもっているバイクの楽しさを思いっきり表現した作品です。

    まぁ、氏自身が鈴鹿四耐にでていたわけではないので、
    レースシーンが実体験とは言えませんが、
    バイクを走らせている描写とかは、
    自分が感じたモノを惜しみなく出しているのでしょう。

    人間ドラマと言うほど大げさではない、
    青春ラブストーリーもあり、
    とっても読みやすくて楽しい小説です。

    たぶん、これを読むとバイクに乗りたくなると思います。

    わたしはなりました。

    ストーリー自体は、ほんとどこにでもある物語なので、
    今ここで細かく説明するつもりはありません。

    読後爽やか。

    その言葉がピッタリと来る小説は、なかなかありませんが、
    この「夏・風・ライダー」は、そのキャッチがピッタリくる小説です。

    私は、この小説のラストがとっても好きです。

    ラストと言っても、レースを終えて帰ってきたマシンのエンジンに抱きつくシーンがとっても好きです。

    バイクが好きで好きでたまらない人たちがいっぱい出てくる物語です。

    昨日の敵は今日の友。

    バイク好きに悪い人はいない。

    と公言している人たちが登場する物語。

    そう、出てくる登場人物は、みんなバイクというマシンに魅せられ、集まった人たち。

    バイクがなければ、一生出会うことがなかった人たち。

    何度も何度も同じことを書いていますが、
    他に書きようがないのよね。

    バイクバカが、バイクバカの物語を書いた。

    それだけなんだよ。

    これを読んで思ったこと。

    それは、わたしも車の小説書いてみようかな。

    そう思って、十何年。

    ぜ~んぜ~ん書いていません。

    どこかでこの本(「夏・風・ライダー」)を見つけたら是非手にとって、
    最初の何ページかを立ち読みしてみてください。

    そのとき、あなたは、風になっているかも。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 読書感想
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 高千穂遙 日常 青春 恋愛 バイク レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー