アイアンマン 【2008年製作:映画】

    ロバート・ダウニー・Jrが主役を演じるアメリカンコミックのヒーロー「アイアンマン」の映画です。

    ロバート・ダウニー・Jrが演じるのは、
    いわゆる死の商人、
    戦争に使われる兵器で飯を食っている企業のトップです。

    それもただの社長じゃない。

    天才発明家としても有名な社長トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。

    そんな彼ですが、
    アフガニスタンでテロリストにつかまり、
    そこでテロリストのために最新兵器を作らされることに。

    一緒に捕らえられていたインセン博士と共にテロリストの兵器と偽り自分たちが脱出するための兵器を作り出す。

    それがアイアンマンと呼ばれるようになるスーパースーツ。

    宇宙人からもらったものでも(これは「アメリカンヒーロー」のこと)
    悪の組織に改造されたわけでも(これは「仮面ライダー」のこと)
    他の星から来た人でも(これは「スーパーマン」のこと)
    ちょっと変わった蜘蛛に咬まれてしまったわけでも(これは「スパイダーマン」のこと)
    なくて、
    自らの身体に特殊な動力源を埋め込まれて、
    そのパワーでスーパースーツを着て戦うのが「アイアンマン」です。

    兵器を売ることに砂粒ほどの罪悪感もなかったトニー・スタークですが、
    テロリストにつかまったのが原因で、
    それもテロリストが使ってい兵器が自分の会社の兵器だったこともあり、
    善人になってしまったトニー・スターク。

    まぁ、善人にならないと「アイアンマン」というヒーローにはならないわけで、
    ヒーローには必ず悪者がいるわけで、
    その悪者とは、、、、。

    まぁ、その辺のことは見て確認してください。

    数々のアメコミ原作映画を観てきたアチキとしては、
    「アイアンマン」は良くできていると思います。

    残念ながらコミックは読んだことないですけど、
    映画は面白かったです。

    ラストもいい感じで、
    現在「アイアンマン2」が上映されているのでネタバレになるのかどうか分かりませんが、
    いかにも続きがありますよ、という終わり方です。

    そして、「インクレディブル・ハルク」なんかも観ていると、
    もしかしたら、より楽しめたりするのかもしれません。

    いやいや、「アイアンマン」を観ていれば「インクレディブル・ハルク」が楽しめるのかな。

    まぁ、それは、両方を観て確かめてください。

    アメコミらしい勧善懲悪の楽しいエンタテインメント映画です。

    この手のモノがダメな人以外はきっとみんな楽しめると思います。









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アメコミ アクション ロバート・ダウニー・Jr グウィネス・パルトロー 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー