F1 2001 Round.4 サンマリノGP

    名門復活。

    うれしいやら哀しいやら。

    なんのことかというと、ウイリアムズが優勝しました。

    セナが、
    元気に走っているときのライバルチームだったので知っている人も多いかと思うレーシングチームなのですが、
    ニューウェイがマクラーレンに移ってから上位で名前を聞くことがなくなってしまったチームです。

    それが、いきなり優勝です。

    フェラーリとマクラーレンを押さえて、堂々の一位です。

    フェラーリとマクラーレンの車が全滅したわけじゃありません。

    ミハエル・シューマッハはいなくなってしまいましたが、
    そんなことは全然関係ない所での話。

    素晴らしいです。

    ラルフ・シューマッハ。

    ミシュランもこんなにはやく優勝できるとは思っても見なかったでしょう。

    今年のウイリアムズのマシンは、
    ツボにはまるといきなりトップチームなみのスピードを出せるんですから凄いです。

    レースは、トップに躍り出たラルフが、
    いったいいつこけるのか、それともこのままトップでゴールするのか、
    ッてな感じで進んでいきました。

    いやー、恐るべしシューマッハ兄弟。

    普通、兄弟のどっちかは七光り的な存在なのに、
    このシューマッハ兄弟は、色は違いますが、二人とも輝いています。

    すばらしい。

    ウイリアムズが久々に優勝できてうれしい気持ちは、ここまで。

    あとは、そう。

    ホンダさん。

    困った。

    ウイリアムズとはドングリの背比べだと思っていたのに。

    あんなにも簡単に抜かれると、ふぅ。

    出るのはため息ばかり。

    BARのマシンは、もーとことん駄目ですね。

    何が駄目って、あそこまでやってあれだけしかスピードがないと、もー重傷。

    一番の原因は、ビルヌーブくんとのマシンパッケージが全然駄目だと言うこと。

    相方のオリビエくんとはそこそこいい感じみたいなんだけどね。

    問題になっていた、前後バランスの改善を、
    空力パーツで補ってきたわけですが、
    これがあーたかっこわるい。

    フロントのグリップ力をつけるために、
    ちっちゃい羽根をいっぱいつけてきたんですけどね。

    うーーーん。

    事態は深刻だ。

    フロントから入ってく空気を、
    大きく分けてマシンの上と下に流してダウンフォースをつけるのが今のF1マシンのトレンドなんですけど、
    BARはその根本的なところが全然駄目だと言うこと。

    トラクションコントロールが解禁になれば、
    少しはましになるとふんでいたんですが、
    あれじゃ解禁になってもちょっと半信半疑という感じです。

    トラクションコントロールの最大の利点は、
    エンジンのパワーを的確にロスを少なく地面に伝えられるということ。

    ホンダエンジンが持つパワーを、
    極端な話100%走る力に変えられるということなんですね。

    曲がるマシンがあって、
    初めて生きるシステムということでもあるトラクションコントロール。

    こまった。

    ホンダエンジンは、いつになったら優勝できるのだろう。

    ジョーダンのマシンも、
    相変わらずトリッキーで運転しづらそうだし。

    右に左に跳んでいきそうなのを押さえて走っている感じでなんかぜ~んぜん駄目。

    BARは、まぁ、曲がるようになってからっていう感じだし。

    なんであんなに曲がらないの?

    ほんと不思議。

    アレを見ていると、ホンダがすべて自分で作った方がまだましだと思ってしまう。

    そうそう、サンマリノGPの話でしたね。

    優勝は、ラルフ・シューマッハ。

    えっ、それは聞いた。

    二位は、クルサード。

    マクラーレンです。

    そう。

    今年のワールドチャンピオンの対抗に躍り出てきましたよ。
    クルサードくん。

    去年の飛行機事故から、
    ドライビングにシャープさが出てきて、
    いいセカンドドライバーって感じだったんですけど。

    今年は、このままいくとハッキネンの地位もヤバイくらいいい感じです。

    まぁ、マクラーレンは、公式的にファースト、
    セカンドというドライバーの格付けをしていないから、
    基本的には問題にならないんですけどね。

    さぁて、次回のグランプリから、いよいよ今年のグランプリが見えてくるかもしれませんなぁ。

    今からでも遅くないので、しっかりF1をみましょう


    2001 San Marino Grand Prix

    PosNoDriverTeamLapsTime/RetiredGridPts
    15Ralf SchumacherWilliams-BMW621:30'44.817310
    24David CoulthardMcLaren-Mercedes62+4.35216
    32Rubens BarrichelloFerrari62+34.76664
    43Mika HakkinenMcLaren-Mercedes62+36.31523
    511Jarno TrulliJordan-Honda62+1'25.55852
    611Heinz-Harald FrentzenJordan-Honda61+1 Lap91
    716Nick HeidfeldSauber-Petronas61+1 Lap12
    89Olivier PanisBAR-Honda61+1 Lap8
    922Jean AlesiProst-Acer61+1 Lap14
    1015Enrique BernoldiArrows-Asiatech60+2 Laps16
    1119Luciano BurtiJaguar-Cosworth60+2 Laps15
    128Jenson ButtonBenetton-Renault60+2 Laps21
    Ret20Tarso MarquesMinardi-European50Engine22
    Ret6Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW48Clutch7
    Ret18Eddie IrvineJaguar-Cosworth42Engine13
    Ret7Giancarlo FisichellaBenetton-Renault31Engine19
    Ret10Jacques VilleneuveBAR-Honda30Engine11
    Ret23Gaston MazzacaneProst-Acer28Engine20
    Ret1Michael SchumacherFerrari24Suspension4
    Ret17Kimi RäikkönenSauber-Petronas17Steering10
    Ret14Jos VerstappenArrows-Asiatech6Exhaust17
    Ret21Fernando AlonsoMinardi-European5Spun off18









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー