F1 2010 Round.10 イギリスGP

    伝統のイギリスGPですね。

    シルバーストーンサーキットは、
    F1発祥の地で、
    今年は開催されないと言われていましたが、
    ドニントンパークが開催できないと言うことで開催されることに。

    そして、コースも改修され、
    レイアウトも一部変更されて数少ない高速サーキットがどうなるかと思いましたが、
    まだ高速サーキットの特性は残ったままで一安心でした。

    F1は確かにコーナリングマシンですが、
    トップスピードも凄く速いので、
    それが観られる数少ないサーキットですからね。

    特にシルバーストーンの高速S字は、
    見応え十分です。

    さて、レースですが、
    ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテルは、
    チームメイトのマーク・ウェバーに抜かれ、
    ルイス・ハミルトンと接触してリアタイヤがパンクしてピットイン。

    最後尾からのレースになってしまいました。

    もうレッドブルに関しては、
    最後までチームメイト同士のトラブルが起こりそうで、
    そのせいでワールドチャンピオンをとれない感じになってきましたねぇ。

    やばいですねぇ。

    チームとしてキチンと整理した方がいいような気がするなぁ。

    今年はセバスチャン・ベッテルにワールドチャンピオンを撮らせてあげようよ。

    と、個人的に思っています。

    マーク・ウェバーのファンの方はそうは思わないだろうけどね。

    結果、優勝はマーク・ウェバーで、
    セバスチャン・ベッテルは最後尾から7位まで順位を回復しました。

    さすが、今年の最強マシンですね。

    そして、20もの新規開発パーツを持ってきて、
    結果5つしか使えるものがなかったマクラーレンですが、
    ルイス・ハミルトンが2位に入る大健闘。

    さすが名門マクラーレンって感じです。

    そして、今年に入って精彩がなくなったメルセデスGP(去年までブラウンGPでチャンピオンチーム)ですが、
    ニコ・ロズベルグが3位表彰台です。

    素晴らしいです。

    それとは真逆の仕事ぶりがフェラーリ。

    名門フェラーリで、
    現在No.1ドライバーと言っても過言ではないフェルナンド・アロンソですが、
    めちゃめちゃでしたね。

    特にルノーのロバート・クビサをコーナーカットして抜いたときの対応は如何よなぁ。

    フェルナンド・アロンソも昔なら素直にロバート・クビサを前に出したと思うんですよ。

    チームとうまくいっていないからかなぁ。

    チームメイトのマッサも元気ない感じだし。

    さて、イギリスGPはドイツ人ドライバーが活躍しましたが、
    我らが日本人ドライバー小林可夢偉ですが、
    またやってくれましたねぇ。

    マシン的には相性がよいといわれていたGPですが、
    予選ではちょっと大丈夫かよ、って感じだったのに、
    決勝では6位ですよ。

    前半戦では考えられなかった走りですね。

    こういうレースが出来るようになると確実にポイントもゲットできるし、
    もっと良いチームに移籍することだって出来ますからね。



    2010 FORMULA 1 SANTANDER BRITISH GRAND PRIX

    Provisional Results
    PosNoDriverTeamLapsTime/RetiredGridPts
    16Mark WebberRBR-Renault52Winner225
    22Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes52+1.3 secs418
    34Nico RosbergMercedes GP52+21.3 secs515
    41Jenson ButtonMcLaren-Mercedes52+21.9 secs1412
    59Rubens BarrichelloWilliams-Cosworth52+31.4 secs810
    623Kamui KobayashiBMW Sauber-Ferrari52+32.1 secs128
    75Sebastian VettelRBR-Renault52+36.7 secs16
    814Adrian SutilForce India-Mercedes52+40.9 secs114
    93Michael SchumacherMercedes GP52+41.5 secs102
    1010Nico HulkenbergWilliams-Cosworth52+42.0 secs131
    1115Vitantonio LiuzziForce India-Mercedes52+42.4 secs20
    1216Sebastien BuemiSTR-Ferrari52+47.6 secs16
    1312Vitaly PetrovRenault52+59.3 secs15
    148Fernando AlonsoFerrari52+62.3 secs3
    157Felipe MassaFerrari52+67.4 secs7
    1618Jarno TrulliLotus-Cosworth51+1 Lap21
    1719Heikki KovalainenLotus-Cosworth51+1 Lap18
    1824Timo GlockVirgin-Cosworth50+2 Lap19
    1920Karun ChandhokHRT-Cosworth50+2 Lap23
    2021Sakon YamamotoHRT-Cosworth50+2 Lap24
    Ret17Jaime AlguersuariSTR-Ferrari54+8 Lap17
    Ret22Pedro de la RosaBMW Sauber-Ferrari29+23 Laps9
    Ret11Robert KubicaRenault19+33 Laps6
    Ret25Lucas di GrassiVirgin-Cosworth9+43 Laps22









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー