紅い眼鏡 The Red Spectacles 【1987年製作:映画】

    彼の名は、
    都々目紅一(とどめこういち)。

    体制の犬だ。

    と、
    ちょっとわけの分からない話から、
    はじめたのにはわけがある。

    都々目紅一の口癖のような台詞が、
    どーしても思い出せない。

    あの台詞書きたかったなぁ。

    と、
    言うことで「紅い眼鏡 The Red Spectacles」の話。

    監督は、
    わたしの好きな監督さん。

    押井守

    結論から言うと、
    押井先生、
    あんたは実写をとっちゃいかんよ。

    と、
    言うことです。

    はい。

    まぁ、
    この映画がロードショー公開されたとは、
    思えないので(単館での公開はしていたような気がするなぁ)許せますが、
    どう見てもお金をかけた自主映画です。

    監督の趣味で作った映画だとしか思えない。

    私のように監督のファンなら楽しく見ることもできるでしょう。

    しかし、
    一般の人は、
    ぜったいに見てくれないし、
    見たとしても面白いと思ってくれる人は、
    少ないでしょうなぁ。

    なので、
    今回は、
    押井ファンによる偏見と慈愛に満ちた随筆なんです。

    演出がアニメ。

    出演者が、
    アニメの声優。

    眠くなるテンポ。

    全てが、
    押井ワールドで形成されている世界。

    すばらしい。

    物語は、
    単純明快で、
    ぜんぜん面白味に欠けるのですが、
    一つだけいまだに理解できない部分がある。

    あのポスターのアイドルは、
    一体なに?

    コレを読んで見たいと思う人はいないと思うし、
    仮にいたとしてもビデオが手に入らないでしょう。

    ビデオレンタル店においてある所は少ないような気がするなあ。

    押井守コーナーでもあれば別だけど、なかなかないしね。

    で、
    なんでこんな事を書くかというと、
    ネタバレをしてしまうからでーす。

    はっきり言って、
    この物語は夢おちなんですよ。

    それも、
    こんなんでいいのかー。

    と、
    いうような夢おちです。

    ただ、
    だらだらと押井的アニメ演出のシーンが続き、
    最後に夢オチで物語を収束させる。

    こんなんでいいのかー。

    そこには、
    虚構と現実の区別がありすぎて、
    な~んにならない。

    押井的アニメ演出が、
    一般観客の鼻につくぐらいで、
    無条件に押井守の作品が好きな人間以外には相容れない作品。

    この映画を見るたびに思うことは、
    ほんと、
    なんでアニメにしなかったんだろう。

    ということ。

    実験的作品だとしても、
    金を払ってみてくれる人に対してある程度の配慮があってもいいのではないでしょうかねぇ。

    この「紅い眼鏡 The Red Spectacles」を、
    そのままアニメにしろとは言わないが、
    せめてこの設定でいろいろとできたのではないのかなぁ。

    と、
    つねづね思っていたら「人狼 JIN-ROH」というアニメになってしまいましたねぇ。

    その話は、
    また今度することにして、
    押井守氏も気がついたはず、
    自分には実写は向かないと。

    そう、
    思っていたら「紅い眼鏡 The Red Spectacles」の続編「ケルベロス 地獄の番犬 Stray Dog-KERBEROS PANZER COPS」を作ってしまうし。

    こんどは、
    「アヴァロン」を作ってしまうし。

    「ケルベロス 地獄の番犬 Stray Dog-KERBEROS PANZER COPS」は、
    次回のネタで書くとして、
    「アヴァロン」は、
    見ていないので何とも言えないけど、
    今までが今までだからなぁ。

    CGによる表現方法が加わって、
    よりアニメに近づいた実写映画だからすこしは、
    期待できるのかなぁ。

    「紅い眼鏡 The Red Spectacles」は、
    立ち食いそば屋のシーン。

    コレだけが、
    とってもステキでした。

    わたしがついていけたのも、
    この辺までだな。

    とは言ってもDVD買ってしまったし。

    ほんと、
    押井守の世界をすこしだけ味わってみたい人は一見の価値があるかも。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ミリタリー 動画 押井守 千葉繁 田中秀幸 玄田哲章 兵藤まこ 永井一郎

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: No title

    買っちゃいました。

    きっと、コレクター魂に火がついてしまったんでしょうね。

    No title

    >とは言ってもDVD買ってしまったし。

    買ったんかい!www
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー