アライバル2 【1998年製作:映画】

    第一作目のチャーリー・シーン主演の「アライバル 侵略者」から、
    二年後に発表された続編。

    チャーリー・シーンは、出てきません。

    いきなり、死んだことになっています。

    で、死んだチャーリー・シーンの弟が、主役になります。

    まんま、一作目の続編です。

    で、宇宙人侵略の事実を知ったお兄ちゃんの物語からどの様に展開するのか、
    とっても興味津々で見たのですが、いかんですねぇ。

    やっぱり、一作目を超えることはなかったですねぇ。

    一作目の作品としての出来もそんなによくはなかったのに、
    それを超えられないんだからなぁ。

    途中で、ちょっち眠くなっちゃったよ。

    物語の展開は、
    とっても緊張感溢れるスリリングな話のはずなのに、
    なぜかな?

    演出の問題かな?

    いやいや、やっぱり未知のモノに対する恐怖がなくなってしまったからだな。

    もう完全に、宇宙人がいると分かっていて、
    宇宙人もはじめから惜しみなく出てくるから、
    面白くないのだな。

    と、いうより、主人公を取り巻くごく一部だけの世界の話だけならいいのに、
    物語の主観はとってもグローバルなのよね。

    で、このグローバルなところと、
    主人公のまわりの空間のギャップが、
    あまりにも大きくて、
    全然緊張しないのよ。

    大きな話のはずが、とっても小さくまとまってしまっているのよ。

    主要ポストを宇宙人が押さえ込んでいるはずなのに。

    いろいろと悪いことをしても宇宙人の存在は、
    隠されているのに、
    なぜにあんななんの発言力もない主人公を宇宙人が血眼になって殺そうとするのか、
    全然分からない。

    一応、宇宙人の開発したコンピュータを取り戻そうとしているのが、
    目的なんだけどさ。

    あれだけ必死になって追いつめて、
    殺そうとしているのに、
    全然殺せないし。

    まぁ、主人公だから死なないのは分かっているけどさ。

    一作目にあった、あいつが宇宙人?
    みたいな緊張感が全然ないから、
    一生懸命アクションを盛り込もうとしているのかもしれないけどね。

    なら、なんで簡単に殺せないっ!
    と思ってしまうのよ。

    一作目は、出来るだけ穏便に殺そうとしていたから、
    その辺りのことが気にならなかったのに。

    今回は、それすらないのよね。

    頭悪いよね、宇宙人は。

    それとも脚本家が頭悪いのかな?

    なんにせよ、つまらない展開になってしまったのは、
    とっても残念だなぁ。

    もっと、うまく作れば、「Xファイル」みたいな作品になったのに。

    でも、この「2」のおかげで一作目の評価が相対的に上がったのはとってもいいことかもしれませんなぁ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー