ティコ・ムーン 【1997年製作:映画】

    「ティコ・ムーン」です。

    映画のタイトルです。

    観たことあります?

    フランス映画です。

    フランス映画って、日本映画みたいなのよね。
    なんか閉鎖的な印象を持ってしまう。
    文芸作品が大好きだし、基本的にエンタテインメントを作るのはへたくそだし。
    まぁ、例外もあるけど。

    さて、「ティコ・ムーン」です。
    脚本、監督はエンキ・ビラルです。
    覚えておきましょう。
    リュック・ベッソンだけではありません。

    エンキ・ビラルは、映像作家です。
    なかなか味のある映像を創り上げます。

    この映画、月が舞台のSF映画なのですが、全然月じゃありません。
    まるっきりフランスの街並みです。
    しかし、月に見せるためにいろいろと工夫しています。

    土埃の街。

    「ティコ・ムーン」の舞台の街の印象。

    やっぱり月は乾燥していますから。

    フランス領。コレは極めつけです。
    何しろエッフェル塔と凱旋門があります。
    凱旋門は建設中ですが。

    遠景にそれっぽく見せているのがたまりません。
    外国人が描く日本の風景のようです。
    東京タワーと富士山が同じ土俵で描かれている奴です。

    エンキ・ビラルは、それを逆手にとってうまく月の街を創り上げています。
    違和感があるのです。
    そのおかげで、普通じゃない街、
    として印象に残るのです。

    ストーリーは至って単純です。
    よって、ストーリーで感動することはないでしょう。

    でも私は好きです。結構気に入っています。
    女優がいいです。
    二重スパイ、と言うよりはミイラ取りがミイラになった的な役なのですが、
    いい味だしてます。

    エンキ・ビラルは、色の使い方がうまい作家だとつくづく思ってしまいます。

    ホテルの部屋。

    街の色。

    そして、彼女のヘアスタイル。

    痣。

    血の色。

    モニターに映し出される風景。

    ヘッドライト。

    何のことをいっているのか分からないでしょう。
    謎は、謎のままの方がおもしろい。

    見て感じて下さい。

    ちなみに、ストーリーですが。
    テロリストとそれに怯える偉い人のはなしです。

    なかなか、テンポも良くていい感じで進んでいきます。

    そうそう。

    この映画を見るときは、
    エンキ・ビラルがせっかく一生懸命に考えて配色していった色の演出にも気をつけてみて欲しいなぁ。

    ストーリーに沿ってある程度の意味を持たせていたりするから、
    その辺が分かってくるとエンキ・ビラルの映像作家としてのすばらしさが理解できるかも。








    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エンキ・ビラル バンド・デシネ 近未来 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー