ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー 【2009年製作:映画】

    カプコン格闘ゲーム「ストリートファイターII」の人気キャラクター春麗(チュンリー)が主役の映画です。

    「ストリートファイターII」は一度ジャン=クロード・ヴァン・ダムが主演で実写映画が作られていますが、
    まだ観たことはありません。

    いつか観ようとは思っているんですけどね。

    まぁ、観ていない理由はまず原作のイメージをきちんと映画にしているとは思えないからと、
    「ストリートファイターII」のゲーム自体あまりよく知らないからと言うのがあります。

    アニメになった「ストリートファイターII」もまだ観ていないしね。

    それなのに「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」を観たのは、
    やっぱり春麗(チュンリー)役のクリスティン・クルックが美人だったからかなぁ。

    それと、
    昨今のゲームを原作とした映画の出来が良いので、
    この映画も出来は良さそうだと思ったからですかね。

    実際、映画として良く出来ていましたよ。

    昔の香港映画(ジャッキー・チェンの功夫映画みたいな)の親の敵討ちとか、
    支障の敵討ち的な話で、
    アクション映画として良く出来ていました。

    ゲーム「ストリートファイターII」の春麗(チュンリー)がどんな設定でどんな物語を持っているのか、
    ほとんど知らないというのもプラスになったのかもしれませんなぁ。

    アチキの知っている春麗(チュンリー)の設定なんて警察の人間ってくらいですからね。

    だから「ストリートファイターIIのファンで、
    それも春麗(チュンリー)のファンがどう思うのかは分かりません。

    でも映画としてまともなので、
    これはこれで受け入れられそうな気がしますね。

    そういう意味では「バイオハザード」と同じ感じかな。

    映画は映画で良く出来ていると。

    クリスティン・クルックの格闘アクションもかっこよくて実に見応えがあります。

    アクション映画ですから物語もそうですが、
    やはりアクションシーンの出来でその映画の価値が決まるわけですからその出来具合はとても重要です。

    ゲーム的なそれこそ「ドラゴンボール」的な荒唐無稽な超能力格闘バトルと言った感じではありません。

    まぁ、その要素が無いわけではないですが、
    基本的には超人的肉体を持った格闘バトルになっています。

    エンタテインメメントのお手本のような構成で、
    誰もが楽しめる感じの映画になっていますね。

    ゲームの事を知らなくても十分に楽しめるので、
    是非、一度ご覧ください。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 格闘 犯罪 カプコン

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー