ストーリーテリング 【2001年製作:映画】

    TSUTAYA DISCUSのジャンルでは、
    この映画、
    コメディに分類されているんですよ。

    まぁ、
    発売元とかが、
    ジャンルを指定しているのをそのまま分類整理しているとは思うのですが、
    アチキ的には、
    この映画は、
    コメディなのか、
    と思ってしまいましたね。

    この映画は、
    二部構成で、
    最初に、
    「フィクション」というテーマといっていいのかな、
    についての物語があり、
    次に「ノンフィクション」というテーマでの話があります。

    この対比と、
    共通するべき所と、
    その二つが意味すること、
    そして、
    ある物を伝える場合の表現方法として、
    どちらが良いのかという部分を、
    見せているのかな、
    と勝手に想像。

    しかし、
    当初は、
    コメディだと思っていたので、
    エンタテインメントとしての部分が、
    コメディではないので、
    あれれ、
    って感じでしたね。

    まぁ、
    意図している部分と伝えたい部分は、
    何となく分かるので、
    コレはコレでよいのかもしれないけど。

    逆に、
    こんな物でしょ、
    という感じにもなってしまっているのが残念かな。

    と言う事で、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 学園 恋愛 ちょいエロ 動画

    スーパーノヴァ 第2部:地球最後の日 【2005年製作:映画】

    「スーパーノヴァ」の後編ですね。

    タイトルとしては、
    第2部となっていますが、
    後編です。

    さて、
    前回は、
    書くのを控えていた太陽の異変ですが、
    太陽が暴走して、
    超新星になってしまうと言う事らしいです。

    タイトル通りですね。

    それも、
    自然現象なので、
    人間が何かやらかして超新星になるわけではないです。

    と言う事は、
    ある意味、
    どうやっても食い止められないだろうと。

    それとも、
    よくある超兵器や、
    埋もれていた素晴らしい科学理論が登場してとか、
    人類の手で防ぐための方策は、
    一体何なんだろう、
    と言うのが、
    この手のキモになるわけですな。

    えーと、
    ここからは、
    ネタバレになります。

    気になる方は、
    読まないように。

    アチキの予想では、
    為すがままに流れて、
    何となく生き残った人類がいるとか、
    自然的に収束するとか、
    かなと思っていました。

    だって、
    超へ行きも素晴らしい科学理論もないのですから。

    大体、
    その事実を発見した科学者は、
    南国に逃亡して、
    地球の終わりを待っている状態でしたからね。

    しかし、
    こんな手があったとは、
    ちょっとビックリです。

    良くも悪くもやられたという感じですね。

    なんと、
    超新星になる答えを出した計算が間違っていたという結論。

    確かに異常事態にはなるけど、
    超新星まではならず、
    このまま正常に戻るという。

    ある意味、
    自然に収束するというオチではありましたが、
    あのあおり方から、
    まさかの計算ミスとは。

    凄いよ。

    とまぁ、
    そういう中々楽しませてくれた映画ですが、
    一つ、
    主人公の家族を襲う殺人鬼がいるのですが、
    アレは必要だったんですかね。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF パニック 動画

    スーパーノヴァ 第1部:太陽の怒り 【2005年製作:映画】

    タイトルから、
    宇宙での超新星にまつわる物語だと思っていました。

    SFかな、と。

    確かに、
    SFの括りに入れて言いないようだとは思いますが、
    基本的には、
    ディザスター物ですね。

    それこそ、
    「ソーラーストライク」の邦題シリーズに入れても良い内容でした。

    そう。

    この映画は、
    太陽をネタにした物語です。

    それも、
    1部、2部となっていて、
    今回は、
    いわゆる前編といった形です。

    当然のように、
    中途半端に、
    それも良いところで終わります。

    尺の問題で、
    二つに分けたと思うんですけど、
    放映時も二つに分かれていたのか、
    どうなのか、
    って感じですね。

    なんか、
    アメリカだと一気にやっていそうな気もするなー、
    と。

    と言う事で、
    内容の方ですが、
    冒頭で科学者のおっさんが、
    ある計算式の答えを見て、
    逃亡します。

    その計算式の結果がなんなのか、
    と言うのが、
    気になるところで、
    その助手というわけではないですが、
    一緒に研究していた科学者がいて、
    その人物が、
    一応、
    主人公って感じです。

    で、
    逃げた科学者は、
    太陽の研究をしていて、
    他にも研究を手伝ってもらっていた科学者がいて、
    お国の気管も動いていて、
    と言った形で、
    中々、スケールの大きな話になっています。

    まぁ、
    ビジュアル的には、
    予算なりの物になっていますが、
    それでも、
    アチキは、
    十分許容範囲だと思いますね。

    で、
    計算結果の話は、
    見てのお楽しみと言う事ですが、
    たぶん、
    想像通りの物ですよ。

    でないと、
    映画なりませんから。

    と言う事で、
    後半ですね。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF パニック 動画

    スパイダーマン:ホームカミング 【2017年製作:映画】

    何度目の仕切り直しなのか。

    スパイダーマンの新作ですね。

    と言うか、
    この前に「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で、
    新しいスパイダーマンとして登場しているので、
    お初ではないです。

    アチキとしては、
    この単品で、
    新しいスパイダーマンの誕生の話が描かれているのかと思っていました。

    で、
    「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に続くという見せ方なのかな、と。

    そしたら、
    そんなのは、
    みんな知っていて当然という形で、
    「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の続きとして描かれています。

    作る方も、
    もうスパイダーマン誕生の話は飽きたのかな。

    短いスパンで、
    何度か描かれたからね。

    と言う事で、
    多少の回想シーンで、
    過去が垣間見えますが、
    基本的には、
    僕もアベンジャーズに入るんだ、
    と言う意気込みの物語になっています。

    まぁ、
    少年の成長物語と言う事ですな。

    コレ単独で見ても、
    楽しめるとは思いますが、
    一作目なのか、
    と言う疑問を感じることになるかもしれませんな。

    かといって、
    「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を見れば、
    それが解決されるかというと、
    そうでもないですけどね。

    まぁ、
    ある意味、
    スパイダーマンとは、
    なんぞやというのを知っている人が見る映画と言う事ですな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション アメコミ 犯罪 動画 マイケル・キートン ロバート・ダウニー・Jr

    スピーシーズXXXXXX 寄生獣の吐息 【2010年製作:映画】

    「スピーシーズ」と言えば、
    エロティックなSF映画として売れた作品です。

    その後、
    正統な続編も制作されましたが、
    日本では、
    B級SF映画で、
    タイトルだけのシリーズが出ています。

    中身的には、
    エロティックな要素があって、
    エイリアンが出てきて、
    そのエイリアンが、
    繁殖目的で人間とエッチなどをする、
    と言うのが、
    「スピーシーズ」とタイトルを与えられる条家になっているようです。

    まぁ、
    中には、
    全ての要素が入っていなくても、
    一部だけ、
    特にエロティックな部分だけで、
    「スピーシーズ」名前をつけてシリーズぽくしてしまうのもありますけど。

    さて、
    色々と書きましたが、
    今回のタイトルだけ「スピーシーズ」シリーズの話ですね。

    「X」の数が、
    6個あるので、
    何となくシリーズの六作目という感じなのでしょうか。

    実際、
    「スピーシーズX」というシリーズと言う気もします。

    一杯出ているしね。

    きっと「スピーシーズ」と「スピーシーズX」は、
    別物シリーズと言う事でしょう。

    さて、
    今回もB級SF映画で、
    エイリアンが地球に来て、
    田舎の町で、
    頑張って繁殖しようとしているのを、
    阻止しようとするという感じで、
    予算の津古豪から出てくる人間も舞台も局所的な感じになっています。

    と言う事で、
    ある意味、
    期待通りで、
    一般の方には、
    お勧め出来ない内容の映画ですな。

    一般の方が見たら、
    絶対にクソミソに言うでしょうね。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エイリアン ちょいエロ ホラー 動画

    スターマン/愛・宇宙はるかに 【1984年製作:映画】

    ロマンチックな感じのタイトルからは、
    とても想像できないのですが、
    この映画の監督は、
    ジョン・カーペンターです。

    まぁ、
    日本で劇場公開された時は、
    全くノーチェックでしたね。

    映画は、
    見ようと思ったんですけどね。

    監督の名前はノーチェックでした。

    まぁ、
    積極的に見ようとは思っていなかったタイトルで、
    そのおかげで、
    今の今まで見ていませんでしたよ。

    で、
    今回、
    見直しも含めて、
    ジョン・カーペンター作品を見ていたので、
    まだネタにしていないのは、
    ネタにしていっている感じです。

    とは言え、
    この映画を見たのは、
    一年以上前ですけどね。

    さて、
    映画の中身は、
    宇宙人と、
    旦那を亡くした未亡人のラブロマンスって感じです。

    宇宙人が地球に来て、
    人間に化けるのですが、
    その化けたモデルが、
    ヒロインの亡くなった旦那という所から、
    色々なことが起きるという展開。

    思っていたよりもおもしろかったので、
    そこは、
    さすがジョン・カーペンター監督って事なんでしょうね。

    ロマンス映画を作りたいと思ったけど、
    純粋なラブロマンス映画は作れなくて、
    SFになりました、
    って感じの映画で、
    アチキは、
    その心情、
    よく分かりますよ。

    創刊時でこの映画を作ったとしたらという話ですけどね。

    興味があれば、
    是非レンタルして観てくださいな。

    一般の方でも楽しめると思いますよ。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 恋愛 エイリアン 動画 ジョン・カーペンター

    ストレンジ・ワールド 【1965年製作:映画】

    オムニバス映画です。

    オムニバス映画って言うのは、
    全体を見て、
    そのテーマのつながりで、
    おもしろいと思ったことは、
    アチキの覚えている限りほとんどないです。

    いや、
    ほとんどではないな、
    ないです。

    この映画もやっぱりというか、
    それぞれの作品で、
    良いな、
    と思う物もあれば、
    こんな物か、
    と言うものもあります。

    4つの短編ですので、
    短編映画が好きなら、
    楽しめるのではないですかね。

    短編映画は、
    あまり、
    エンタテインメントしているのが少なかったり、
    あったとしても、
    その短さから中途半端になったりして、
    本当に、
    難しそうです。

    今回も、
    どれか一つでも気に入った作品があれば、
    って感じですかね。

    そんなわけで、
    興味があれば、
    レンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 動画 リドリー・スコット ジュード・ロウ トニー・スコット

    スモーキン・エース 2 【2009年製作:映画】

    「スモーキン・エース」の続編ですね。

    前作からの続きという感じです。

    前作のお馬鹿なバイオレンスぶりは、
    健在と行ったところですな。

    まぁ、
    さすがに続編と言う事で、
    同じくらいの感じだと、
    パワーダウンしたように見えてしまうので、
    パワーアップして同じくらいに見えるという感じなのかも。

    どちらにしろ、
    また殺し屋共が暴れまくる内容です。

    今度のターゲットは、
    FBI捜査官。

    前作からの流れで言うと、
    なんとなく、
    アチキ的には、
    やっぱりね、
    という感じですか。

    今回も中々楽しませてくれました。

    若干、
    前作よりも物語の部分というか、
    ドラマの部分に力を入れようとしたみたいですが、
    アチキに言わせれば、
    余計なこと、
    余計な手間、
    といった感じでしたな。

    何はともあれ、
    ぶっ飛んだ殺し屋共が、
    大暴れしてくれれば、
    この映画は、
    成功なのではないかと思えるのですが。

    興味かあれば、
    一作目からレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 バイオレンス 刑事 FBI 動画

    スモーキン・エース 【2007年製作:映画】

    中々楽しい映画でした。

    はじめから終わりまで、
    バンバン撃ち合う映画です。

    一応、
    物語はありますよ。

    ですが、
    その物語も、
    撃ち合うために考えた設定という感じで、
    ある意味、
    潔くて、
    楽しめましたね。

    ある人物を殺すために、
    賞金に目がくらんだ殺し屋共が、
    我先にと殺しにやって来るというお話し。

    一体誰が、
    ターゲットを殺せるのか。

    それとも、
    ターゲットは殺されることなく、
    逃げ延びられるのか。

    場所は、
    ホテルの一室。

    良いですね。

    ある意味、
    お馬鹿な映画ですよ。

    ラストもアチキ的には、
    良かったですよ。

    まぁ、
    それなりに興行成績が良かったんでしょうね。

    続編もありますから。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    アチキは、
    結構楽しめましたよ。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション バイオレンス 犯罪 刑事 FBI 動画 ベン・アフレック

    スピードスター 【2007年製作:映画】

    これまた、
    色々な意味で典型的なB級映画ですな。

    まず、
    タイトルとパッケージに一般の方は、
    騙された、
    と言う物ですし。

    カーアクションの映画のようで、
    それを期待してしまうと、
    騙されたと言われるでしょうし。

    何にしても、
    B級映画を見慣れている、
    B級映画のファン以外の人には、
    あまりお勧め出来ない感じですか。

    主人公は、
    を盗んで売りさばいている女性。

    で、
    盗んだが、
    犯罪者の隈と言う事で、
    ちょっと大変な事になってしまうという展開。

    カーアクションが、
    それなりなので、
    サスペンス的な部分とかに力が入っているかというと、
    そうでもない。

    物語の展開も、
    まぁ、
    ある意味、
    B級映画的な普通。

    すごいことを期待しなければ、
    それなりに最後まで楽しめるという感じ。

    だけど、
    それは、
    やっぱりアチキのような、
    B級映画好きの人だけなのかな。





    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション サスペンス 犯罪 警察

    スペース・ヴァンパイアQ 【1966年製作:映画】

    製作当時の制作費が、
    どの程度だったのか、
    それが、
    メジャー級の予算だったのかどうなのか、
    全く知りませんが、
    今見ると、
    どんなに金かけても、
    現在のB級映画の方が、
    全然良くできていると、
    見えてしまうのが、
    昔の作品の難し所ですな。

    特撮がないような作品なら、
    あまり、
    そういう所は、
    感じなくてすむんですけどね。

    まぁ、
    現在でもこの映画よりも酷い特撮作品が、
    存在すると思いますが。

    まぁ、
    技術的な部分以外でも、
    デザイン的に、
    どうしても見劣りしてしまうのも仕方がないという感じです。

    それが、
    味があると、
    いった感じで見られれば、
    また違うのでしょうけど。

    さて、
    この映画、
    アチキの生まれる前に製作された映画です。

    1990年に火星から謎の電波が送られてきて、
    調査のために火星に行きます。

    そこで、
    一人の女性を助け出すのですが、
    その女性が、、、。

    まぁ、
    タイトルにもなっているので、
    今更隠してもしょうがないですが、
    そんな感じです。

    中々味のある映画でしたね。

    密閉されて他に逃げ場がない宇宙船の中で、
    未知のエイリアンに襲われる。

    もうこの時代から、
    そういう設定があったわけですな。

    アチキとしては、
    H.R.ギーがーのある意味洗礼されたデザインのエイリアンよりも、
    美女のエイリアンの方が、
    全然よいですなぁ。

    と言うわけで、
    興味があったらレンタルして見てください。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ホラー エイリアン 動画 デニス・ホッパー

    ストレンジャーズ/戦慄の訪問者 【2008年製作:映画】

    リブ・タイラー目当てで見た映画ですね。

    なので、
    この映画が、
    実話を元にしていたというのも、
    映画を見て初めて知りました。

    いつも書くことですが、
    この「実話を元」にしているのは、
    どこまでが、
    ノンフィクションで、
    どこまでが、
    フィクションなのか、
    よく分からないですよね。

    こういうことを書くことが、
    不謹慎になるかも知れない世の中ですが、
    あえて書くと、
    映画ですから、
    おもしろければ元を無視しても良いのかな、
    と思ってしまうところもあります。

    元が、
    事実は小説より奇なり、
    と言うくらい、
    すごい話であれば、
    フィクションを加える必要もないと思いますけど。

    後、
    判明している部分が少なくて、
    こんなんじゃねぇ、
    と言うのも良くあるパターンなので、
    そう言うのは、
    ナットさせられるだけの物になるのか、
    おもしろいのかの二択になるしな。

    と言うわけで、
    この映画ですが、
    プロポーズした彼氏を振って、
    別荘に行くと、
    そこに犯罪集団が登場して殺されていくという話。

    この殺されていくシチュエーションは、
    フィクションなんだろうなぁ、
    と言う事ですが、
    まぁ、
    こんな物かという感じでしたね。

    そんなわけで、
    興味があれば、
    レンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 バイオレンス 動画 リブ・タイラー

    スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ 【2017年製作:映画】

    昨年の年末に見てまいりました。

    相変わらず、
    スター・ウォーズしていました。

    やっぱりいいですね、
    スター・ウォーズは。

    いつもの事ながら、
    新作を見られるだけで、
    幸せですよ。

    劇場に見に行く前に、
    しっかりと、
    前作を復習して、
    見に行きました。

    いつものパターンなら、
    最初の状況説明的なテロップで、
    前作からどんな進展があって、
    今に到るという展開ですが、
    今回は、
    前作のラストからの続きで、
    時間的な流れは、
    ストレートに繋がっていましたね。

    こうなると、
    次作では、
    レイア姫の扱いについて、
    様々な事が考えられるのですが、
    大きく分けて、
    二つくらいかな、
    とアチキは、
    思っております。

    一つは、
    冒頭のテロップで、
    殺してしまう。

    それがなければ、
    無理くりCGで死ぬシーンを作る。

    CGで無理くり作るなら、
    死なない可能性もあるけど。

    まぁ、
    何にしてもキャリー・フィッシャーのご冥福をお祈りします。

    エピソード6の素敵なコスチューム姿は、
    この映画がスペオペだというのを実感させてくれました。

    アチキの中では、
    このシリーズ、
    金をかけたB級テイストのスペオペだと思っていますから。

    と言うわけで、
    次は、
    ハン・ソロの映画ですか。

    こちらも、
    また楽しみですよ。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF スペースオペラ 宇宙 戦争 ジョージ・ルーカス マーク・ハミル キャリー・フィッシャー 動画

    スノーホワイト-氷の王国- 【2016年製作:映画】

    「スノーホワイト」の続編ですね。

    アチキは、
    てっきり「スノーホワイト」の続編ではなく、
    タイトルを真似た、
    別の映画かと思っていました。

    まぁ、
    その予想は、
    あたらずも遠からずって感じでしたけど。

    続編なので、
    しっかりと、
    シャーリーズ・セロンも出ているしね。

    出番少ないけど。

    白雪姫と共に、
    継母をやっつけた、
    前作に登場したハンターも出ているし。

    出ていないのは、
    白雪姫ですか。

    なのに続編なのは、
    継母のシャーリーズ・セロンが出ているから。

    悪役つながりですな。

    まぁ、
    時代的にも繋がっているし。

    前作とは、
    趣も若干変わり、
    アチキ的には、
    楽しめましたよ。

    一般の方も楽しめるのではないかな。

    続編なので、
    やはり前作から見ていただくのが一番。

    まぁ、
    これ単体でも楽しめるかも知れませんけど。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー 動画 シャーリーズ・セロン

    スカイ・ファイター 【2008年製作:映画】

    このところ、
    ネタにした映画は、
    もしかしたら一般の方が見ても大丈夫かも知れないという作品でしたが、
    今回は、
    さすがに、
    一般の方は無理だろうなぁ、
    と思われる作品です。

    まぁ、
    アチキが見ていても、
    残念な感じの映画ですからね。

    そんな映画すらも、
    アチキは、
    最後まで見てしまう。

    それも、
    それなりに楽しんで観てしまう。

    いかんなぁ。

    さて、
    内容ですが、
    郡が秘密裏に実験していた生物が逃げ出して、
    何とかしようとする映画。

    その室は、
    いわゆる絶海のことにあるので、
    秘密は守られるわけですが、
    先に送り込まれた軍人さんは失敗。

    次に送り込んだ軍人さんはと言うと、
    難破した若者達が島に流れ着いていて、
    そのもの達と一緒に行動。

    色んな意味で、
    チープさが漂う作り。

    これで、
    内容がもう少しまともだったら、
    と思うのですが、
    厳しいですな。

    と言う事で、
    B級映画ファンの方は、
    興味があったらご覧くださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション ミリタリー 怪獣 動画

    ストーカー 【2002年製作:映画】

    主演は、
    ロビン・ウィリアムズです。

    なんと、
    今回の役は、
    タイトルにもなっているストーカー役です。

    さすが、
    ロビン・ウィリアムズてって感じでしたね。

    アチキのイメージしているストーカーって、
    根暗な感じで、
    執拗に後をつけ回して、
    なんか見るからにやばそうっていう感じなのですが、
    ロビン・ウィリアムズが演じるストーカーは、
    良いおじさんって感じなのですよ。

    はじめは、
    ある女性に好意を寄せている程度で、
    あなたのためにちょっとサービスしておきましたよ、
    的な関わり方なのです。

    相手の女性も、
    その位のサービスなら、
    美人だから役得、
    女性だから役得、
    って感じなのですが、
    そこから徐々にエスカレートしていきます。

    まぁ、エスカレートしていかないと、
    ストーカーにはならないけどね。

    ストーカーをする相手は、
    子供がいる主婦です。

    子供を出しに近づいたりもします。

    いやー、
    怖いですね。

    あの笑顔の下が、、、。

    と言うわけで、
    アチキ的には、
    楽しめまたよ。

    一般の方も楽しめると思うので、
    興味があったらレンタルしてくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 動画 ロビン・ウィリアムズ

    スモーク・アンド・ミラーズ 1000の顔を持つスパイ 【2015年製作:映画】

    実際に起きた詐欺事件を元にした映画らしいです。

    国家を騙した詐欺事件と言う事です。

    この映画の事件のことは、
    アチキはまったく知りませんでした。

    かなり長期にわたっての話で、
    どんどん時代が流れていきます。

    冒頭でも説明がありましたが、
    あくまでも事件を元にしていて、
    真相は分からないので、
    大部分はフィクションなんだろうなぁ、と。

    詐欺事件なので、
    ばれるばれないなどのサスペンス的な緊張感が、
    あるのかなぁ、
    と思っていたのですが、
    それほどでもなかったです。

    物語的には、
    おもしろかったんですけどね。

    こうなると、
    実際の事件を元にしたとは言え、
    緊張感があまりなかったので、
    実際の事件のリアリティが、
    活かされているのかどうか、
    そもそも、
    アチキが実際の事件を知らないので、
    そう感じるのか分かりませんが、
    フィクションで、
    全部作られた方が、
    もっと良い指すペンが作れるのかもな、
    と本末転倒的な事を思ったりもしましたね。

    とは言え、
    つまらないとは、
    思わなかったので、
    興味があれば、
    レンタルでもして見てください。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 動画

    ストレイジ・ナンバー・サーティーン 【2014年製作:映画】

    タイトルを直訳すると、
    「13番倉庫」と言う事になるのですが、
    一年以上前に見た映画なので、
    「13番」って、
    出てきたかなぁ、と。

    映画の舞台となるのは、
    いわゆるレンタル倉庫で、
    その倉庫にお宝が眠っているという情報を聞きつけた男が、
    仲間を誘って、
    そのお宝を探しに行きます。

    当然、倉庫に入るために手引きしている警備員もいて、
    みんなでお宝を見つけて山分けだ、
    と言う出だしです。

    で、
    行った倉庫は、
    地下9階まである倉庫で、
    携帯電話の電波も届きにくい場所になります。

    そこに、
    得体の知れない何かがいて、
    みんなが襲われて、
    どうやって逃げ出すかというお話しです。

    そのお宝の入っていた部屋が13番だったかどうかは、
    全然憶えていません。

    お宝目当ての人間だけでなく、
    その倉庫をかりている人間も登場してのお話しです。

    途中までは良かったんですけどね。

    実にB級ホラー映画らしくて。

    結局、普通のB級映画で終わってしまって、
    アチキは少々残念でした。

    なので、
    一般の方が、
    どこまで楽しめるのかは、
    ちょっと分かりません。

    その辺を理解した上で、
    レンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    素晴らしきかな、人生 【2016年製作:映画】

    どこかで見たようなタイトルですが、
    どうも、
    リメイクでも何でもないようです。

    似たようなタイトルのヤツは、
    うろ覚えなのですが、
    「!」が、
    ついていたような、いないような気もしますが、
    ちゃんと調べていないので、
    気になる方は、
    ググってくださいな。

    アチキは、
    余り気になっていないので。

    リメイクではないと書きましたが、
    似たようなタイトルの作品の方は見たことがないので、
    よく分かりません。

    さて、
    映画の内容ですが、
    娘を亡くしたデザイン会社の社長のお話しです。

    一人娘を亡くして意気消沈。

    仕事も手につかず、
    二年間もの間、
    生きているだけの状態になります。

    このままでは、
    会社がやばいと言うコトで、
    社員があることを画策するのです。

    それは、
    まぁ、
    見て確かめてください。

    アチキ的には、
    社員が画策したことよりも、
    カウンセラーの女性との関係が、
    全てを見つめ直す切っ掛けとなって、
    立ち直ったのではないかな、と。

    本当は、
    もう少し色々と書きたいことはあるのですが、
    思いっきりネタバレになりそうなので、
    やめときます。

    と言うコトで、
    一般の方も興味があればレンタルして観ても大丈夫ですよ。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 動画 ウィル・スミス エドワード・ノートン ケイト・ウィンスレット

    スウィート・ホーム 【2015年製作:映画】

    邦画に似たようなタイトルのホラー映画がありましたな。

    見ていますけど。

    ブログのネタにもしていますけど。

    今回は、
    洋画の「スウィート・ホーム」です。

    それもスペイン映画です。

    アチキの印象だけの話ですが、
    「REC」以降、
    スペインのホラー映画が、
    日本によく入ってくるようになりましたね。

    世界各国の映画が見られるというのは、
    映画好きには、
    良いことですな。

    今回で言えば、
    アチキの好きなジャンルですからね。

    さて、
    物語ですが、
    ボロアパートで起きた事件の話になります。

    不動産屋の調査だったかな、
    そのような仕事をしている主人公が、
    空いている部屋で、
    サプライズパーティーといってもカップルで、
    二人だけのパーティーをしようと、
    部屋を飾って一夜を過ごそうとします。

    そこへ、
    中々立ち退かない老人を強制的に立ち退かせようとする悪者が現れて、
    巻き込まれてしまうという展開。

    単純な話ですが、
    中々おもしろかったですよ。

    アパートから逃げられず、
    助けも呼べず、
    どちらも後一歩という所で失敗する。

    典型的なパターンですが、
    おもしろかったです。

    この手の映画が好きなら楽しめるのではないでしょうか。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー