コクーン・プラネット 【2008年製作:映画】

    いかにもB級SF映画って感じの作品です。

    ですが、
    原作は、
    レイ・ブラッドベリらしいです。

    アチキもこれを書くのに解説を改めて読んで知りました。

    SF小説ファンなら小説を読んだことが無くても、
    名前くらいは知っている存在だと思います。

    そんな巨匠の作品の映像化と言う事ですが、
    最初に書いたように、
    見るからにB級映画です。

    原作がどんなに立派でも、
    映画は、
    関係ないと言う事ですな。

    まぁ、
    過去、
    そのような映画は一杯見てきたし。

    金をかけていようと関係ないです。

    さて、
    原作の小説は読んだことがないので、
    なんと言えませんが、
    映画の内容は、
    とある研究所なんですかね、
    そこで、
    人間が繭にくるまれてしまいます。

    何でそうなったとかは、
    映画を見てください。

    そして、
    その中に閉じ込められた人間が、
    実は生きていて、
    繭から出で来るわけですな。

    さぁ、それでどうなるかは、
    もちろん、
    映画を見て確認してください。

    もうまんまB級SF映画のノリですから。

    アチキのように、
    その手の作品が好きな人は、
    ご覧くださいな。

    レイ・ブラッドベリのファンの方が見たら、
    きっとがっかりすかもです。

    いや、原作を読んでいないので、
    もしかしたら原作に忠実で素晴らしい内容になっているかもしれないしな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    コンテンダー 【2015年製作:映画】

    相変わらず、
    ニコラス・ケイジは、
    色んな映画に出ますなぁ。

    死ぬまでに何本映画に出るんでしょうかね。

    もう日本のVシネの帝王並に、
    映画に出るんではないでしょうか。

    と言うわけで、
    今度の映画は、
    政治家としての役柄になります。

    それもスキャンダルを起こして、
    政治生命をダメといった感じで、
    再起をかけて頑張る男です。

    でも、
    それほど立派な政治家って感じてもないです。

    スキャンダルを起こして失墜しても、
    かわいそうと思うことはなかったなぁ。

    それでも、
    普通におもしろかったですよ。

    アチキ的には、
    最後がしまりのない感じで、
    そこがもっとバキッとしていたら、
    もう少し評価高くなったかもしれないですけどね。

    まぁ、
    アチキは、
    ニコラス・ケイジは好きな俳優さんなので、
    全体の印象は、
    悪くはないって感じで、
    ファンでない人が見たら、
    どれほどの評価になってしまうのか、
    そんな感じの映画ですよ。

    そんなわけで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 動画

    ゴースト・チーム・ワン 【2013年製作:映画】

    ホラーコメディですね。

    それも下ネタ系のコメディです。

    おバカと言っても、
    飛び抜けたおバカって感じではない二人のお床が主人公。

    自分たちの住んでいる、
    いわゆる下宿なのかな、
    その家にゴーストが現れます。

    ビデオを撮影していたら何かしら得体の知れないモノが写っていて、
    こいつはゴーストだと。

    家中にカメラを設置して、
    本当にゴーストかを確かめようとします。

    その二人に、
    霊感があると言って、
    仲間になる女性。

    この三人で繰り広げるゴーストとの対決が物語のメインストーリー。

    コメディなので、
    このノリについて行けるかどうかで、
    おもしろく感じるかどうかの分かれ道、
    って感じです。

    まぁ、そんなことを言ったらどの映画にも当てはまるけど、
    コメディは、
    その部分が一番強いかもしれませんな。

    アチキ的には、
    最後まで見られましたよ、
    って感じですね。

    このノリもある意味慣れているので。

    くそつまんねぇ、
    みたいな感じにはなりません。

    B級映画で鍛えられているからかもしれませんけど。

    そんなわけで、
    一般の人に勧められるかどうかですが、
    ちと難しいかな。

    とは言え、
    もしかしたらはまってくれる人もいるかもしれませんし。

    興味があればレンタルしてくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー コメディ ちょいエロ 動画

    ゴッド・オブ・バイオレンス シベリアの狼たち 【2013年製作:映画】

    ソ連崩壊後のロシアが舞台の映画です。

    ロシア映画かと思ったのですが、
    違いましたね。

    イタリア映画のようです。

    それで言うと、
    この映画、
    いわゆるギャング映画なので、
    ギャング、マフィアと言えば、
    イタリアって感じですから、
    何となく分かる気もするかな。

    さて、
    物語は、
    少年時代に親友だった二人の男が物語の中心になります。

    少年時代に、
    親友をかばって投獄された男が、
    10年後に出所して、
    再び二人は出会うのですが、
    二人とも少年時代のようにつきあうことが出来なくなっていることに気づきます。

    当然ですね。

    10年間、
    違う世界で生きてきたのですから。

    この二人が、
    最終的にどうなってしまうのかは、
    見てのお楽しみと言う事で。

    まぁ、アチキ的には、
    ある意味、
    良くある映画だな、と。

    普通って言ってしまうと、
    なんだかなぁ、
    って感じですが、
    特に惹かれるものがなかったのは確か。

    なので、
    まぁ、特にお勧めはしませんが、
    興味があったらレンタルでもして見てください。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 動画

    恋の選択 【1995年製作:映画】

    さてさて、
    前回のネタを書いている時から気づいていたのですが、
    今回の映画もキャロル・ブーケを見たくて借りたんですよ。

    きっと。

    たぶん。

    他に借りる動機が見当たらないから。

    そんなわけで、
    今回の映画ですが、
    なんだろ、
    恋愛映画というわけでもないし、
    コメディでもないし、
    かといってブラックコメディでもないし。

    タイトルだけ見ると恋愛映画のようだけどね。

    まっ、
    男がキレイな女性に惚れて、
    自分の物にしようという行為としては、
    恋愛物に近いのかな。

    物にしようという感情がね
    ちょっと恋愛映画としての物語のスタンスからは離れていると言う事ですな。

    さて、内容は、
    先にも書いたように、
    キレイな女性に一目惚れした男が、
    その女性が小説を書いていることを利用して、
    君は才能があるぞ、
    君の才能を開花させることが出来るのは私だけだ、
    みたいな感じで、
    搦め手で物にしようとします。

    しかし、
    その女性は人妻で、
    不倫という形になりそうな感じで、
    三角関係勃発と言う事ですな。

    自分の才能を信じてくれない夫と、
    自分の才能を信じてくれていると思っている出版社の社長。

    あなたならどちらを取りますか。

    と言う事で、
    タイトルが生まれたんだろうな。

    と言うわけで、
    内容的には、
    思ったよりもおもしろかったですよ。

    まぁ、キャロル・ブーケが見られるだけで、
    満足という感じで見たからなぁ。

    そんなわけで、
    興味がありましたらご覧になってくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 恋愛 動画 キャロル・ブーケ

    コードネーム:プリンス 【2014年製作:映画】

    パッケージを見ると、
    ブルース・ウィリスが主役のような感じですが、
    違います。

    主役は、
    ジェイソン・パトリックです。

    ブルース・ウィリス目当てに見たのですが、
    主役ではないのにがっかり、
    と言う事にはなりませんでしたね。

    中には、
    パッケージのセンターに写真がどーんと出ているのに、
    脇役、それもちょっとだけしか出てこない、
    と言うのもありますから。

    ブルース・ウィリスは、
    主役の敵です。

    悪者のボスです。

    主人公は、
    昔、プリンスと呼ばれた殺し屋で、
    その時、ブルース・ウィリスの妻子を殺しています。

    その復讐の機会を狙っている時に、
    娘を捜しに帰ってきたプリンスを、
    殺してしまえ、
    とバトルが繰り広げられることに。

    この主役をジェイソン・ステイサムなんがやったらはまるだろうに、
    金もかかるけど、
    似たような役をいつもやっているけど、
    ブルース・ウィリスと二人、
    同じような禿だけど。

    あっ、ジェイソン・ステイサムは、
    つるつるではないか。

    話がそれましたが、
    結構、おもしろかったです。

    アクションも良かったですし。

    主役に華を感じなかったけど、
    それもまた良かったし。

    なので、
    一般の方も楽しめると思うので、
    暇な週末にでもレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 動画 ブルース・ウィリス

    コップ・アウト 【2010年製作:映画】

    ブルース・ウィリス主演の掲示アクションコメディです。

    広島出張先のホテルで見たんですよねぇ。

    ここ最近の忙しい原因は、
    広島絡みの仕事で、
    もう何回広島に行ったことか。

    これからも広島に行く機会が多くて、
    身体が持ちません。

    と言うわけで、
    映画の話ですが、
    離婚した奥さんが引き取った娘の結婚式の費用を自らが出すと頑張っていたお父さんブルース・ウィリス

    しかし、
    相棒のミスで犯人を取り逃がしてしまい、
    停職処分に。

    おかげで給料がもらえず、
    このままでは娘の結婚資金を出せないと。

    そこで、
    父おから譲り受けた幻の野球カードを売って結婚資金にしようとするのですが、
    その場に強盗が来て、
    野球カードを盗まれてしまい、
    さぁ、大変。

    といった感じで、
    犯人逮捕よりも野球カードを取り戻すべく奮闘するブルース・ウィリスとその相棒。

    もちろん、
    失敗した事件の犯人も絡んできて、
    最後は、
    ハッピーエンド。

    なのですが、
    はたして野球カードは無事に取り戻せるのか。

    そこん所は、
    映画を見て確認してください。

    思っていたよりは、
    おもしろかったかな。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 コメディ 刑事 動画 ブルース・ウィリス

    ゴーン・ガール 【2014年製作:映画】

    この映画は、
    劇場公開時の予告編が良くって、
    ちょっと見たいと思っていたんですよねぇ。

    一体、どんな感じのサスペンスなのかと。

    いやー、
    何というか、
    最後の方までは良かったんですよ。

    どんな感じでラストを迎えるのか、
    興味津々で。

    主人公の旦那の方が良い結果になるのか、
    それともかみさんの方に良い結果となるのか。

    ちょっとネタバレは入ってしまうので、
    これから見ようと思っている方は、
    ここから先は読まないように。

    気にしない方は別に構わないですけど。

    アチキとしては、
    かみさんがモーテルで出会ったカップルが、
    もう一回登場して絡んでくると思っていたんですよね。

    かみさんにせびりに来るのか、
    旦那の方の商人としてで来るのか。

    伏線ぽい感じだったし。

    それがなかったので、
    ちょっとがっかり。

    終わり方もある意味白黒付けずに、
    このまま緊張感溢れる関係が続く来ますよ、
    と言った感じで終わるんですよ。

    何だかなぁ。

    この手の作品に続編はいらないし。

    すっきりとどちらかにすべきだったと思うんだよね。

    そこがちょいと残念でしたが、
    それまでは十分楽しめました。

    なので、
    興味があったらレンタルはしてみてくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス 不倫 動画 デヴィッド・フィンチャー ベン・アフレック

    CARGO カーゴ 【2009年製作:映画】

    SF映画です。

    それもB級SF映画ですな。

    とは言え、
    CGとかのクオリティは、
    低予算のみすぼらしさはないです。

    と言う事は、
    そこそこ金は使っている作品と言うことなのかな。

    さて、
    内容ですが、
    地球が人口爆発で資源も乏しく、
    環境破壊で人がまともに住めない状況。

    宇宙ステーションでの生活者がメインで、
    そこで暮らす人々もある意味低下層の人たち。

    しかし、
    緑豊かで、
    楽園のような惑星が見つかり、
    その惑星に行くために頑張って生活している人たち。

    と言う事で、
    ちょっとネタバレぽい感じになるかもしれませんので、
    気になる方は、
    ここから先を読まないように。

    さて、
    主人公は、
    その惑星に親族が移住していて、
    いつか自分も、
    と頑張って働いています。

    全員が行けないというのと、
    希望を持たせることで、
    多少の不満を我慢させる効果があるという事なんでしょうね。

    そんな中、
    とある貨物宇宙船に乗り込んでの仕事に就きます。

    順調に見えたかに航海もトラブルが発生。

    そこからいろいろな秘密が明らかになっていきます。

    設定や世界観の作りなんか、
    良くできていると思います。

    B級映画ですからね。

    そういうディテールに凝ってくれると、
    アチキなんかは、
    非常にうれしくなるわけです。

    ラストも含めて、
    全体的に良くまとまっていて、
    アチキは好きな作品ですね。

    この映画なら一般の方が見ても、
    それほど低評価にはならないんじゃないかな。

    そんなわけで、
    興味があったらレンタルしてご覧になってくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF サスペンス 動画

    GODZILLA ゴジラ[2014] 【2014年製作:映画】

    ハリウッド製作第2作目の「GODZILLA」です。

    今回は、
    ちゃんと怪獣していました。

    恐竜ではなく、
    怪獣です。

    やっぱり「GODZILLA」は、
    怪獣じゃないとね。

    と言うわけで、
    造形に関しては、
    問題ないレベルでしたので、
    後は、中身ですな。

    ぶっちゃけ中身も良かったですよ。

    もっと酷いのを想像していましたから。

    ある意味、
    キチンとリアリティを感じさせてくれました。

    CGの出来に関しては、
    そりゃ、
    日本製とは違いますしね。

    巨大生物の脅威や恐怖も思っていた以上に描かれていました。

    その辺の基本的なところが出来ていたおかげで、
    良かったと思ってしまうのも、
    前作が、
    恐竜映画になってしまっていたせいでしょうな。

    そんなわけで、
    前作で痛い目にあって、
    まだご覧になっていない方は、
    ある意味安心して見られと思うので、
    是非レンタルでもしてご覧になってくださいな。

    アチキ的には、
    もう少しゴジラの存在理由みたいなところも描けていたら、
    もっと良かったのにと思ってしまいましたけど。

    それでも十分満足できるレベルになっていましたよ。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 怪獣 ミリタリー 動画

    告発者 【2003年製作:映画】

    エステラ・ウォーレン目当てにかりて見た映画です。

    サスペンス映画です。

    あまり期待していなかったからか、
    結構おもしろかったです。

    物語は、
    まぁ、あまり素行がいいとは言えない女性が主人公です。

    その女性が、
    エステラ・ウォーレン何ですけどね。

    で、
    その女性が病院で診察を受けた時、
    薬で意識朦朧とさせられ、
    その間にレイプされてしまいます。

    そのことに気づいた主人公は、
    下着についた精液を元に警察に被害届を出します。

    検査の結果、
    その医師と精液は検査結果は一致せず。

    しかし、
    その採取の方法に問題がありそうだったので、
    別の街の警察に再度調査を依頼。

    今度は、
    目の前で血液を採取して検査を行いますが、
    結果は、、、、。

    いやー、
    中々いい感じでしたよ。

    信用されている街の医師と、
    あまり評判の良くない女性。

    どちらの言葉を信じるのか。

    そして、
    検査のトリックは。

    レンタルして見る分には、
    十分楽しめる作品です。

    興味があれば、
    ご覧になってみてくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 医者 犯罪 動画 エステラ・ウォーレン

    ゴールド・パピヨン 【1984年製作:映画】

    子供の頃、
    と言っても小学生とかではないですよ。

    高校生くらいだったと思うんですよ。

    いや、
    大学生の頃だったかな。

    まっ、
    どちらにしろ、
    その時もレンタルしてこの映画「ゴールド・パピヨン」を見たわけです。

    「スターログ」という雑誌に紹介されているのを読んでね。

    見てみたいなぁ、
    と思って見たわけです。

    で、
    その時の印象は、
    決して良くはなかったです。

    今回は、
    改めて、
    大人になってから見直してみようかな、と。

    あの頃と比べて、
    B級映画以下の作品を数多く見てきて、
    許容範囲も広くなっているから、
    どう印象が変わるかな、と。

    いやー、
    変わりましたね。

    昔見たときよりもおもしろく感じましたよ。

    最後まで飽きずに見られたからね。

    と言うか、
    中身、ほとんど覚えていませんでしたね。

    所々、覚えていたのですが、
    こんな内容で、こんな結末だったのかと。

    改めて知りました。

    さて、
    この映画、
    女性の裸が一杯出てきます。

    コスチュームが、
    ボンデージ風で、
    当時は、かっこよく見えたものです。

    今見ると、
    ちょっとチープだなと。

    監督は、
    「エマニエル夫人」の人です。

    ソフトエロって感じの雰囲気ですが、
    全体的な物語は、
    冒険活劇風です。

    あくまでも「風」です。

    冒険活劇ほどのアクションシーン満載で、
    ハラハラドキドキではないです。

    一般の人が見ておもしろいと思うのか、
    ちょっと分かりませんね。

    B級映画を見慣れている人なら、
    最後まで見られるかな。

    一般の感覚としては、
    アチキが若い頃に見た印象に近いかもしれませんな。

    もうちょっと中身が濃かったらカルト的な作品になったかもしれない作品です。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 冒険 エロス 動画

    コンスピラシー 【2007年製作:映画】

    これまたサスペンス映画です。

    金持ちの夫婦に出会った男が、
    詐欺師のように近づいて、
    うまく立ち回ろうとする内容。

    この主人公が、
    出来る男のようで、
    実は、
    結構へたれ。

    女好きだけという感じ。

    なので、
    知的な感じのサスペンスにはなっていません。

    なんか、
    途中から力押しみたいになっているし。

    せっかく、
    いろいろな要素が絡んできて、
    良い感じになっていったのですが、
    この手のB級サスペンス映画にありがちな、
    詰めの甘さをひしひしと感じましたね。

    これは、
    主人公のキャラクターの作り方を間違えたのかなぁ、
    とか。

    そんなことを考えてしまうちょっと残念な映画。

    もう少しうまくやれば、
    もっとおもしろくなったのに。

    これでは、
    B級サスペンス映画として普通って感じです。

    一般の方にも、
    まぁ、興味があって他に見るものがないならレンタルして見てくださいといった感じですか。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 動画

    氷の素肌 【2007年製作:映画】

    「氷の微笑」ではありません。

    「氷の素肌」です。

    なんか、
    美女が犯罪に絡むような内容は、
    「氷の」とつけるのが、
    定番になりつつありますな。

    なんというか、
    そういうタイトルは、
    B級映画臭が、
    ぷんぷんです。

    と言うわけで、
    いつものように、
    きっとB級ぽい映画なんだろうなぁ、
    と思って見ましたよ。

    そしたら、
    なんだ、
    思っていたよりも良かったじゃないですか。

    何がよいって、
    まずは美女の存在だね。

    これは、
    やっぱり男としては、
    重要な要素だな。

    さて、
    映画の中身も結構おもしろかったです。

    犯罪に巻き込まれたというか、
    人を殺してしまったカップルが、
    とある屋敷に逃げ込みます。

    そこには、
    一人の男が住んでいて、
    その男が、
    実は広所恐怖症で、
    そんな言葉あるのか知りませんが、
    広いところに出ると発作を起こしてしまうと言う困った男。

    で、
    カップルは、
    こいつは良いところに逃げてきたぞ、と。

    その音子から金を盗んで、
    トンずらしようと。

    はてさて、
    いったいどういう結末になりますか。

    どんでん返しと言うほどではないですが、
    キチンとオチは作っていますし、
    レンタル代分以上には、
    楽しめたかな。

    そんなわけで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス 動画

    ゴースト・プリズン 【2005年製作:映画】

    TSUTAYA DISCUSの解説には、
    数々の映画賞を受賞と書いてありました。

    どんな映画賞を受賞したんでしょうかね。

    きっと、
    B級映画とか、
    ホラー映画とかの映画祭なのかなぁ。

    まぁ、
    この映画も安売りで買って見た映画で、
    TSUTAYA DISCUSをチェックしたのは、
    間違ってかりて見ないようにと言うことで、
    その時に解説を読んだらそんなことが書いてあったわけです。

    へぇ~、
    って感じでしたね。

    さて賞を取った映画が鈍な物だったのかというと、
    まぁ、よくあるB級ホラー映画でした。

    そして、
    タイトルにあるプリズンですが、
    あんまり関係なかったかな。

    まぁ、重要な感じの施設として監獄が出てくるのですが、
    そこの場所がポイントというわけではない。

    廃墟と化した監獄で何かあるのかなぁ、
    と最後まで期待したんですけどね。

    さて、
    物語は、
    子供を亡くした夫婦が人里離れた山小屋で過ごすのですが、
    その近くにあった監獄の廃墟で母親が写真を撮ったら子供の幽霊が写真に写っていて、、、。

    と言った流れで、
    ホラーな感じで物語が進んでいきます。

    もちろん、
    子供の幽霊だけ出なく、
    他にも幽霊が出てくるんですけどね。

    その家で過去にあった事件とか、
    ホラー映画の定番の展開。

    普通に面白かったですよ。

    映画賞を取るほどの物なのかは、
    ちょっと分からなかったけど。

    B級ホラー映画が好きなら結構楽しめるのではないかな。

    興味があったらレンタルしてみてくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    コロニー5 【2013年製作:映画】

    コロニー7とコロニー5が出てきます。

    コロニー7で、
    人型の秘密兵器が作られているお話ではないです。

    、、、つまらなくてごめんなさい。

    地球が極寒の地になってしまい、
    限られた人類が、
    コロニーで生活しているお話。

    まっ、これだけでは映画にはならないのですな。

    各コロニーとは、
    連絡を取り合っていて、
    病気が発生すると、
    病人を追い出してまで、
    生き残ろうとする厳格な管理で運営されていたりします。

    それも、
    ぞれぞれのコロニーで差があるようで、
    主人公たちがいるのは、
    コロニー7で、
    タイトルになっているコロニー5は、
    調査に行くコロニーになります。

    なぜ調査に行くのかは、
    映画を観て確認してもらいましょうか。

    中々、楽しめる映画でした。

    密閉された施設や、
    生きていくのが過酷な世界というのは、
    それだけで緊迫感があり、
    それをキチンと生かしているので、
    観ていて良い感じなんですな。

    思っていた以上におもしろかったので、
    興味があったらレンタルしてみてください。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    ゴーストライダー 2 【2011年製作:映画】

    ニコラス・ケイジ主演「ゴーストライダー」の続編です。

    主演のニコラス・ケイジ以外は、
    前作から引き継いでいるキャストはいません。

    たぶん。

    アチキの見て記憶している範囲ですので、
    もしかしたらいたかもしれないけどね。

    というわけで、
    前作からの続きとはいっても、
    物語的につながっているわけではないです。

    ここから見ても問題はないといえなくもないですが、
    なぜゴーストライダーになったのかとかは、
    前作を見ないと分からないです。

    さて、
    今回は、
    ゴーストライターとなって放浪しているところに、
    ある男が訪ねてきます。

    依頼というか、力を貸してくれと。

    ある人物を守ってくれという依頼。

    はじめは断るのですが、
    結果的には、
    関わることに。

    なぜその人物が狙われているのか、
    それは徐々に明らかになってていきます。

    詳しくは、
    ご覧になって確かめてください。

    相変わらず、
    B級映画テイスト満載の「ゴーストライダー」です。

    それにしても、
    ニコラス・ケイジって作品を選ばないよなぁ。

    本と、何にでも出るというか。

    だから好きなんですけどね。

    前作を見て気に入った方ならそれなりに楽しめると思います。

    興味があって、
    前作を見ていない人は、
    是非、前作からご覧になってください。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション アメコミ 悪魔 動画 ニコラス・ケイジ

    コナン・ザ・バーバリアン 【2011年製作:映画】

    ヒロイックファンタジーの代名詞とも言える作品コナンシリーズの映画です。

    過去アーノルド・シュワルツェネッガー主演で公開された「コナン・ザ・グレート」は、
    こけましたが、
    当時は、まだまだ日本では、
    ヒロイックファンタジーが受け入れられる状況ではなかったのではないかと思うのです。

    今では、
    ヒロイックファンタジーモノは、
    普通に受け入れられるようになりましたが、
    正統派であるコナンシリーズのようなモノは、
    派手さというか、
    何というか、
    なにか物足りなさを感じる人が多いようで、
    認知度は、まったくと言って良いほど無いかな。

    日本人的には、
    マイクル・ムアコックのヒロイックファンタジーの方が受け入れやすいのでしょうけど、
    映像化されたというのは、
    聞いた事がないなぁ。

    マイクル・ムアコックの作品は、
    日本でアニメにでもした方が海外でもヒットしそうな気がする。

    と、ちょっと脱線してしまったので、
    コナンの話に戻しましょう。

    さて、
    「コナン・ザ・バーバリアン」ですが、
    ロバート・E・ハワードの原作小説のファンから見て、
    今まで見た中では、
    一番良い出来のコナン作品ではないかと思っています。

    ヒロイックファンタジーの世界とは、
    よく言われる剣と魔法の正解なのですが、
    問題なのは、魔法のとらえ方というのでしょうかね。

    日本での魔法は、
    ゲーム的な魔法のイメージが強いのですが、
    コナンシリーズの場合は、
    黒魔術的な魔法であり、
    神々、いわゆる目に見えない存在への畏怖が根底にあって、
    人智を越えた恐ろしい力の存在などを指しているのですが、
    その事を端的に魔法と言う言葉で括ってしまうと、
    どうもうまく伝わらない、
    実際伝わっていないので、
    ヒロイックファンタジーのコナンのイメージとのギャップが生まれ、
    派手さのない地味な映画となってしまうのでしょう。

    まぁ、小難し事はおいといて、
    「コナン・ザ・グレート」では、
    その辺の部分をがんばっていたけど、
    技術的、演出的に表現しきれなかったなぁ、と。

    さて「コナン・ザ・バーバリアン」はどうかというと、
    こちらもがんばっているけど、
    もう一歩という感じです。

    それでも格段に良くなっていて、
    これにホラー的なおどろおどろしい演出効果がミックスできれば、
    良い感じになりそうだという所まで来ました。

    世界観などは、実に良かったのですが、
    この作品で一番残念だったのが、
    コナンというキャラクター設定ですな。

    アチキの思い入れもあるので、
    余計にそう感じたのかもしれませんが、
    こんな女々しいバーバリアンは、コナンじゃない。

    失敗だったのは、
    幼少の頃の体験からコナンがこうなってしまったという部分をしっかり描いてしまったこと。

    そんな部分は、コナンには入らない。

    北の寒い山岳地方で幼少の頃から獣たちとサバイバルな生活をしていたというバックボーンがあるよ、
    と言う程度で十分。

    豪快で一見がさつなようで繊細で頭も良く、
    俊敏で、女は好きだがおぼれることはなく、
    野生の獣に知性が備わったような存在、
    それがキンメリアのコナンなんですよ。

    なんかだらだらと映画の感想と言うより、
    アチキのコナン談になってしまいましたが、
    先にも書いたように、
    映画自体は悪くないです。

    それこそ、コナンに思い入れなど無ければ、
    アチキ以上に楽しめるかもしれません。

    ロン・パールマンの父親役とか、
    ローズ・マッゴーワンの妖しさとか、
    実に良かった。

    なので、
    色々とくだらない事を書きましたが、
    一作品として観れば、
    暇な週末に見るには十分楽しめる映画です。

    これを機に原作の小説を読んでみたいと思ってくれることを期待します。

    ちなみに、酒場でコナンが語ったそれまでの冒険のちょっとした出来事の話は、
    原作小説の物語のエピソードを話しています。

    原作ファンは、そういうようなところでアチキのようにニヤリとしているのでしょうね。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション ファンタジー 動画 ロバート・E・ハワード ロン・パールマン

    氷の誘惑 セカンドスキン 【2000年製作:映画】

    タイルから分かるとおり「氷の微笑」のイメージを踏襲したモノになっています。

    パッケージのデザインも似せているしね。

    まぁ、映画では良くある確信犯的なタイトルです。

    ちなみに原題は、
    サブタイトルぽくなっている「Second Skin(セカンドスキン)」です。

    「セカンドスキン」というタイトルは、
    内容を見れば、
    なんとなく分かる感じのものです。

    あまり書くとネタバレになってしまいますから、
    これ以上中身については、
    書かないでおきましょう。

    何しろ、この映画、
    サスペンスですから。

    展開も二転、三転しますよ。

    なんかそう書くと、
    すごくよさげな感じを受けるでしょうが、
    そうでもないんだなぁ。

    主演女優のナターシャ・ヘンストリッジは、
    好きな女優さんなので、
    悪くはないです。

    ですが、
    タイトルが似ている「氷の微笑」のシャロン・ストーンと比べると、
    悪女度が足りない。

    その美しい顔の裏に何かあるという雰囲気がないんですよねぇ。

    まっ、そのせいだけとは言わないけど、
    ちょっと残念な感じなんですよ。

    古本屋の店主と仲良くなって落とすところまでは、
    何かありそうでい感じだったんだけど、
    段々真相に近づいて来ると、
    悪女さが足りないせいで、
    しらけてくる部分もチラホラって感じなんです。

    そんなわけで、
    今一歩な作品ですが、
    ナターシャ・ヘンストリッジが好きな人ならそれなりに楽しめるかな。

    そうでない人は、
    まぁ、気が向いてどうしても観たくなったら観ても良いかと。

    積極的に進めする理由が、
    あまりない作品です。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 ちょいエロ 動画 ナターシャ・ヘンストリッジ

    CODE;GENE (コード;ジーン) 【2007年製作:映画】

    B級SF映画です。

    低予算ですが、
    画作りは、
    頑張っています。

    80年代サイバーパンクの世界観をもつ今では良くあるSF映画です。

    生活のために殺しでも盗みでも何でもやる女性が主人公で、
    この女性の唯一の肉親である弟がいて、
    この弟がアホバカチンで、
    イキがってポカやってその始末を姉がするお話しです。

    物語的には、それほど大した事はありませんが、
    ホント、画作りは頑張っています。

    悪の親玉である女の博士なんか、
    良い感じですよ。

    最初の方は、
    なんだかなぁ、
    って感じでしたけど、
    後半になって、
    物語がシンプルになってくると、
    良い意味で肩の力が抜けて気軽に観られるようになってから楽しくなってきます。

    とは言え、
    やはり基本B級SF映画ですから一般の人が楽しめるのかは、
    ちょっと微妙ですね。

    でもB級映画ファンなら十分楽しめます。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション ちょいエロ 動画 フェイ・ダナウェイ

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー